書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

「可南子」 一覧

スポンサーリンク

【マリみてSS(可南子×祐麒)】祭りのアト <美月・母娘編・おまけ>

  「ちょっとお母さん、変な冗談はやめてよ」 可南子が目を吊り上げて言う。 「冗談じゃなくて本気なら良いのかしら?」 美月は余裕の笑みを見せている。   お祭りが終わった後の細川家 ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】祭りのアト <可南子編・おまけ>

  「それで実際、何があったの?」 祐麒が帰宅したあと、改めて美月が祭りのことを尋ねてきた。 可南子は長い髪の毛を指で梳きながら答える。 「……その、知らない間に、浴衣の中に入って来ていて」 ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】祭りのアト <美月(母娘)編>

~ 祭りのアト ~    例え夜になって日が落ちたとて、真夏は真夏であり、蒸し暑さが解消されるというわけではない。ギラギラと焼き殺さんばかりの太陽が顔を隠しただけマシだが、周囲は徐々に暗くな ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】祭りのアト <可南子編>

~ 祭りのアト <可南子編> ~    例え夜になって日が落ちたとて、真夏は真夏であり、蒸し暑さが解消されるというわけではない。ギラギラと焼き殺さんばかりの太陽が顔を隠しただけマシだが、周囲 ...

【マリみてSS(可南子×祐麒×美月(可南子母))】開幕戦

~ 開幕戦 ~   夏休み真っ盛りである。地球温暖化、猛暑といった単語が耳に馴染むようになって数年、今年も例外なく暑かった。   今年の夏は、ひょんなことからずっと可南子のバスケの練習につきあっていて ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】真夏の放物線 <おまけ>

~ 真夏の放物線 ~  <後編>  シャワーをから出ると、冷蔵庫から麦茶を取り出してコップに注いで飲み干し、それでもまだ体が火照っていたので冷凍庫から残っていたアイスを取り出した。 「あ、可南子、私に ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】真夏の放物線 <後編>

~ 真夏の放物線 ~ <後編>    ウォータースライダーのあるエリアには、文字通り様々なウォータースライダーがあり、好きな人は一日中滑りまくっているかもしれない。人も多く、大人から子供まで ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】真夏の放物線 <前編>

~ 真夏の放物線 ~ <前編>      真夏である。  身を焦がす太陽の光線に日々焼かれ、祐麒の肌はこんがりと美味しそうな色になっている。中学時代は野球に明け暮れて、もっと真っ黒 ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】マニアックプレイ? <おまけ>

~ マニアックプレイ? <おまけ> ~   「ねえ、可南子」  祐麒が細川家を辞去してしばらくした後、可南子の母である美月は娘に視線を向けて口を開いた。 「なあに?」  濡れた髪の毛を整えつ ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】マニアックプレイ?

~ マニアックプレイ? ~    八月に入り、圧倒的な暑さが襲いかかって来ている。温度という点では七月とさほど変わらないはずなのだが、それでも、よりいっそう暑く感じるのは不思議なもの。こんな ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.