書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

「栄子」 一覧

スポンサーリンク

【マリみてSS(栄子×祐麒)】吉報

~ 吉報 ~      十二月、寒さも随分と厳しくなってきた。保健室にも風邪やらなんやらで具合の悪くなった子がしばしばやってきている。悪化させるわけにはいかないから、保健室内には適 ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】恋せよ乙女

~ 恋せよ乙女 ~     十二月に入ってすぐのこと。   高校生時代の女子仲間たちとの同窓会が開催され、ちょうど仕事の都合もついた栄子は参加をすることが出来ていた。   さすがにこの年齢に ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】陥ったのは……

~ 陥ったのは…… ~    夏休みも終わって二学期が始まった。  受験生としては勝負の夏を過ぎ、この秋はラストスパートに向けた大事な中盤とでもいったところか。そうなれば当然、栄子と祐麒が会 ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】それでも

~ それでも ~    夏休みは受験生にとって勝負の時期である。  祐麒も予備校の夏期講習に通い、集中講座に通い、家でも頑張って勉強してと、遊ぶのも我慢して頑張っている。これというのもひとえ ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】呟き

~ 呟き ~    栄子は困っていた。  約束したことだから違えるわけにはいかないが、ではどうすればよいのか。仕方ないので昔からの友人に相談した。 「――え? なんだっけ?」  細川美月は眉 ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】次善の策だから

~ 次善の策だから ~    GWも終わった五月の半ば、暑くもなく寒くもなく、季節的には非常に過ごしやすい時期である。  本日も五月晴れの行楽日和、GWは既に終わったとはいえ、土日で天気が良 ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】小さな笑み

~ 小さな笑み ~   「――それじゃあ、栄子の未来を祝して、かんぱーい!!」 「かんぱ~~い」  場所を居酒屋に移し、早速の乾杯。  美月の軽口にも応じず、栄子は最初の一杯を一気に飲み干し ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】彼女の過去と今

~ 彼女の過去と今 ~      高校三年生となり祐麒は受験生となった。勝負は夏、なんて言われるが、早いものは当然春から準備を進めているわけで、あまりのんびりとしているわけにはいか ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】縮む距離

~ 縮む距離 ~     「――――栄子さん」  その日は、体の芯から震えが来るほどの寒さだった。  しかし、栄子の体は心の芯から熱くなっていた。  祐麒と約束していたクリスマス・ ...

【マリみてSS(栄子×祐麒)】女子トーク?

~ 女子トーク? ~    十二月に入ると急激に気温が下がって冷え込んできた。  コートを身に纏い、首をすくめて寒風から少しでも身を守るようにして早足で目的地へと到達する。 「いらっしゃーい ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.