書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

エンタメ ミステリー 書評

【ブックレビュー】宮辻薬東宮(著:宮部 みゆき, 辻村 深月, 薬丸 岳, 東山 彰良, 宮内 悠介)

更新日:

【作品情報】
 作品名:宮辻薬東宮
 著者:宮部 みゆき, 辻村 深月, 薬丸 岳, 東山 彰良, 宮内 悠介
 ページ数:242
 ジャンル:ミステリー、エンタメ
 出版社:講談社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 ホラー度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 作者さんのファン

■作品について

宮部みゆきさんお書き下ろし短編を辻村深月さんが読み、短編を書き下ろす。
その辻村さんの短編を薬丸岳さんが読み、書き下ろし……
超人気作家たちが2年の歳月をかけて“つないだ”ミステリーアンソロジー。

■良かった点

作者の名前を見るだけで豪華なアンソロジー。
5人の作家さんが5つの短編を描くわけだが、共通のテーマをもとにそれぞれ書き下ろす、というのとはちょっと違う。
最初に宮部さんが書く。
その作品を次の辻村さんが読んで、その内容を踏まえたうえで作品を書く。
という風に、リレーのバトンを受け取ってそれぞれが書いていくというわけである。

そういう意味でいうと、先頭を走ることになる宮部さんの作品でどのようなテーマになるか決まっちゃうわけで。
そんな宮部さんが書いたのは、ホラー。
おどろおどろしいというよりは、ちょっとドキッとするようなホラーとでもいうべきか。
んで、最初に好みのテーマで書いたからかもしれないけれど、なんだかんだで宮部さんの作品が一番印象に残った。

最初がホラーテイストということで、以降もちょっとホラーな感じをもって進んでいく。
尚且つ、前の作品のことも少し含んだりして、そして最後の宮内さんの作品からまた最初に戻る。
そういう風にうまいこと円環を成す作品に仕上げられている。

最後の宮内さんの作品、弱小会社のプロジェクトに関して描かれているのだが。
似たような環境で働いている人はきっといるはずで、そういう観点で読むと少し笑えるというか。
別の意味で楽しめたり。

まー、なんだかんだ宮部さんの作品だな。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

やっぱあれね。
最初に書いたのが宮部さんで、好みのテーマで書いたから、どうしても後の人はそれに引きずられちゃいますよね。
むしろ宮部さんとか最後にもっていって、前の人のを引き継いでどう書くの?
という風にもっていったほうが良かったのでは。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-エンタメ, ミステリー, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.