書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

SF ミステリー 書評

【ブックレビュー】断片のアリス(著:伽古屋 圭市)

更新日:

【作品情報】
 作品名:断片のアリス
 著者:伽古屋 圭市
 ページ数:329
 ジャンル:SF、ミステリー
 出版社:新潮社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 物語に使われるアイディの良さ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : デスゲームとかゲーム的展開作品が好き

■作品について

近未来。
雪と氷に閉ざされた現実世界から離れ、人々は生活のほとんどをVRシステム‐ALiS‐の中で過ごしていた。
しかし突如、椎葉羽留は囚われた。
痛覚も“死”も存在する恐怖のVRクラスタに。
ログアウト不能の狂気の館で、連鎖する殺人。
そしてたどりつく、この創られた世界の真相。

■良かった点

未来の話。
滅びに向かっているような世界、VR以外は退化してしまい、人との触れ合いも、物質も、何もかも失われていく。
それでも仮想現実の中では幸せに生活できる。
はずだった。

主人公のハルはいきなり謎のVRクラスタに放り込まれる。
本来なら暴力も痛みもない世界のはずなのに、そこでは痛みもあれば死もある世界。
誰が、何の目的でハルは囚われたのか。
そしてそこには同じように囚われた人たちがいた。

閉ざされた空間の中で繰り広げられる、脱出のための試行錯誤、そして疑心暗鬼からの殺し合い。
誰が殺意を持っているのか。
誰かが首謀者なのか。
謎解きとバトルロワイヤル。
スピーディーな展開で繰り広げられていき、先も気になって一気に読み進めていくことができる。
一人、また一人と減っていく中で、ハルは機転を効かせてなんとかこの世界の謎を解こうと奮闘する。
VRの世界という設定を上手いこと使った展開もなかなか。

そうしてやが導き出される結論、真実。
なるほどね。
決して目新しいというものではないけれど、読んでいる間にはそこまで考えなかったなぁ。

  • ピノキオという児童文学。
  • バトルロワイアルにミステリー。
  • VR、AI。

様々な要素が絡み合って読ませる、まさにゲームのような一作。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

バトルロワイアル展開の中で、多少、グロイ描写もあります。
そこまでではないんだけど、苦手な人はご注意を。

バトルロワイアルがメインではないので、結構あっさり退場とかもあります。
その辺は、そういう作品なので。

以下、ちょっとネタばれ。

「クラインの壺」
「クリス・クロス」

とか好きなら好きになれるはず(とかいっちゃうとネタバレちっく)

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, ミステリー, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.