書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

『コーヒームーン』1巻の感想。シリアスとギャグの混合したループ系。世界観が雰囲気ある

更新日:

 

こんにちは、神門です。

ループものは好きだと前にどこかの記事でも言ったと思います。

そんなループものの作品で、また新たに先が楽しみな作品が登場しました。

「コーヒームーン」1巻の感想です。

 

作品情報

作品名 コーヒームーン
著者 牡丹 もちと
出版社 KADOKAWA
紹介対象の巻 1巻
ジャンル SF?

 

作品の感想

この作品の主人公は、ピエタという少女。

物語はある日の朝、ピエタの誕生日から始まります。

朝起きて、母親に挨拶をして、朝ごはんを食べて、家を出る。

雨が降る街の中を歩き、車に水をはねられたり、風で傘を吹き飛ばされたり、色々なことをその身にうけながら学校に。

学校についたら友人の駄苗(ダナエ)から誕生日をお祝いされて。

学校の授業の課題に悩んで。

家に帰宅したら母親が祝ってくれて。

トラブルはあるけれど幸せな日。

そんないつも通りの日常を楽しむピエタ。

そして、「その日」もまたいつもと変わらない日常を送るはずだったところに、いつもと違う変化が現れます。

それは・・・・・

 

「コーヒームーン」 1巻  牡丹もちと/KADOKAWAより 引用

 

こういう作品だと何を言ってもネタバレになっちゃいますね!

どこまで紹介するものか迷います。

ループものではあるのですが、この作品はよくある他のループものとは少しばかり毛色が違っている部分もあります。

でも、それも伝えるのが難しいなぁ。

ループものといえば、そのループから抜け出すことを目的に、主人公が試行錯誤したりもがいたりするのを描くのが王道であり、また作品としても多いと思います。

そういうのとは一線を画しています。

ピエタは明るく、全てを受け入れてむしろ楽しんでいるようにすら見えたりします。

だけど実際に作品から伝わってくるのは、なんというか禍々しさというか、悪夢のような絶望のような世界。

ピエタが明るいだけに、逆にそういった感じを強く印象付けられます。

「コーヒームーン」 1巻  牡丹もちと/KADOKAWAより 引用

 

加えて、この絵柄でしょうか。

白と黒が強烈に目に焼き付いてくる絵です。

それが世界観を強く作っているとも思えます。

可愛らしい絵柄なのに、禍々しさを感じさせる絵です。

でも、それがこの物語にはぴったり合っている。

 

作品は、シリアスさや重たい感じが全体を覆っているのですが、そんな中でギャグが普通に色々と入ってくるので、ただ重たいだけにはなっていない。

まあ、ギャグがあって、日常的な部分があるからこそ、よりシリアスな時に重く感じるというのもありますが。

なぜ、ループをしているのか。

そんなループの中でなぜ、想定外の変化が発生したのか。

1巻では謎だらけ、気になる所だらけです。

 

「コーヒームーン」 1巻  牡丹もちと/KADOKAWAより 引用

 

ループものは繰り返すだけに、繰り返しの中での変化の見せ方、そしてループの理由と結末への持っていきかたで、面白さや熱中度が大きく変わってしまいます。

果たして本作「コーヒームーン」はどうなるか?

続きを楽しみに待ちたいです。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.