書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ミステリー 書評

【ブックレビュー】シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗(著:高殿円)

更新日:

【作品情報】
 作品名:シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗
 著者:高殿円
 ページ数:213
 ジャンル:ミステリー
 出版社:早川書房

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 良いコンビ度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : ちょい変わったホームズのパスティーシュを楽しみたい

■作品について

女医のジョー・ワトソンは探偵シャーリー・ホームズと同居していた。

ある日、ジョーの叔母キャロルが結婚するとの報せが入った。

夫となるヘンリーはデヴォン州アルスターの名家バスカヴィルの子孫で、最近、前当主が亡くなって跡を継ぐことになったという。

ジョーはバスカヴィルの屋敷に招待されるが、脱獄した殺人鬼と魔犬伝説が街を騒がせており不穏な雰囲気。

そして、ジョーにも魔の手が伸びる。

半電脳と人工心臓のためになかなかロンドンを離れられないシャーリーだったが、ジョーを助けるために動き出した。

■良かった点

現代のロンドンを舞台に、ホームズの登場人物の性別を逆転させたホームズ・パスティーシュ作品。

前作、『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』が刊行されてから時間も経ち、続編はもう出ないのかと思っていたけれど、かなりの時を経て続編が出てきた。

舞台、登場人物はもちろん変わらない。

  • 半電脳、人工心臓で、美貌の女探偵、シャーリー・ホームズ。
  • そして現代の女性っぽいジョー・ワトソン。

二人のキャラクターが実に現代っぽく、楽しませてくれる。

何よりワトソン、というかジョーのうっかりなキャラクターが、女性ならではの魅力を放っている。

しかし、ジョーの凄惨な過去が本作ではちらりと描かれていて、その辺もいずれどこかで話になったりするのかな? と思わせられる。

 

今回はロンドンを離れた地で起きた事件にジョーが巻き込まれる。

ロンドンを離れることは身の危険を大きくすることになるシャーリーだが、ちゃんとジョーのために行動してくれるのは嬉しいところです。

魔犬の伝説と殺人鬼、なんだからヨーロッパにはお似合いな舞台設定と物語。

でも、その裏に隠されている事情。

本格ミステリーというよりは、ロンドンを舞台にしたサスペンスドラマという感じが良く似合う。

明らかに怪しい登場人物、やっぱり怪しかった。

でも、この手の物語はそれで良いと思う。

 

ピンチに陥ったジョーを颯爽と助けるシャーリー。

でも体が弱いから最後にはジョーに心配される立場になってしまうのも、完璧じゃないところを見せていて良いですね。

登場人物の過去がちらほら出てきて、これは次作以降への布石でしょうか。

なんかこう、勝手なイメージですが、イギリスっぽい話を見せてくれるのを楽しみにしたいです。

 

■ここが改善できるともっとよかったかも?

次はもっと早くに刊行されますよね?

 

応援クリックいただけると幸いです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.