書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

橋本悠氏『2.5次元の誘惑』2巻感想。エロだけに非ず。コスプレ&キャラ愛の溢れた作品

更新日:

 

こんにちは、神門です。

  • 可愛い女の子
  • コスプレ
  • ラブコメ

そんな文字にピンと来た方にお送りする(?)作品、「2.5次元の誘惑」2巻の感想です。

 

作品情報

作品名 2.5次元の誘惑
著者 橋本 悠
出版社 集英社
紹介対象の巻 2巻
ジャンル ちょっとエッチなコスプレラブコメ

 

作品の感想

冒頭に記したキーワードから、読む前は

「よくあるエロ主体のラブコメ、ハーレムエロコメでしょ?」

と思っていました。

で、読んでみました。
確かにヒロインのコスプレ姿は露出度が高いのですが、エロいというよりはえっちですかね。
何が違うんだと言われると困りますが、感覚的にはそうなんです。
確かにいえるのは、単なるエロコメじゃないぞ、といところ。

 

主人公の奥村はオタクですが、基本的には徹底したオタクで2.5次元のキャラクターを嫁という猛者であり、現実の女には興味ないと言い切る硬派な(?)オタク。

ヒロインのリリサはエロいコスプレがしたいという女の子ですが、エロい目で見られるのは困る。

ということで利害関係の一致した(?)二人のコスプレ活動が始まったわけなのですが。

 

リリサは真面目にキャラクターのリリエルのコスプレをしたい、大好きなキャラクターのコスプレをして体現したいという情熱に溢れている。

そして奥村は心底リリエルを愛している。

リリサがどんなにエロい格好をしようと、そういう目で見てはいけないと煩悩と戦う真面目なオタクです。

なので、エッチなハプニングもありますが、そこまで大仰ではないというか。

ある意味、絶妙なポイントでおさえている感じを受けます。

 

際どいコスプレ姿にも、エロい目をもってはいけないと自戒する奥村

「2.5次元の誘惑」 2巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

2巻ではいよいよコスプレ写真を編集してROMに収め、イベント参加を目指します。

初めてのイベント参加でテンションがあがるも、勝手が分からず、なかなかうまくいかない二人。

そこに臆して、せっかく準備したのにコスプレすることを躊躇ってしまうリリサ。

そんなリリサに対する奥村の行動は良かったです。

周囲が赤面するほどの叫び。でも、よくぞ言った奥村

「2.5次元の誘惑」 2巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

リリサだけではなく奥村に恋する美花莉との三角関係もこの先は楽しみです。

キャラクターを多く出し過ぎるハーレム化には注意ですが、もう少しくらいは良いかもしれません。

そういう意味ではリリサ、美花莉と年下二人なので、おそらく第三のコスプレイヤーと思われる(?)

美人な先生に期待大!

女教師のエッチなコスプレ姿とか、期待しないわけにはいきませんよね(爆)

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.