書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ギャグ・その他 マリア様がみてる

【マリみてSS(蓉子・聖・江利子・景)】DISASTER SISTERS! 3-1

更新日:

 

-1-

 

「うう……お腹すいた」
 力ない声が蓉子の口からこぼれる。
 背中を丸めたくなるが、姿勢が悪くなるのを、どうにかこらえながらゆっくりと歩く。何せこの数日、ろくなものを食べることが出来ていない。もともと旅の軍資金が心もとなかったこともあり、前の街で購入した食料はギリギリの量だった。それでも、途中の森や草原で狩りをするなり、川で魚をとるなりを見込んでいたのだが、当てが外れてほとんど収穫はゼロだったのだ。
「食べられる草でも、探しましょうか?」
 隣を歩く景が言ってくるが、蓉子は首を横に振った。
 薬師の景は、その知識を生かして薬草や食べられる植物を識別することが出来て、それでどうにか飢えをしのいでいる状態だ。ありがたいことではあるが、ちょっと情けない。
「もう少し、我慢するわ」
 近くに街があるということで、体力的に余裕のあった聖と江利子が食料を買い求めに先行しているのだ。
 体力の消耗、というか腹減り具合を抑えるために亀の歩みで進み、ようやく街の入り口まで辿り着く蓉子と景。
 すると前方から、聖と江利子がやってきた。だが、近づくにつれてどうもおかしいと思い始める。二人には、なけなしのお金を渡し、食糧を購入するようにお願いしておいたのだ。多少、味は悪くてもよいから、安くて量があってお腹の膨れるものをと注文して。
 しかし今、二人の手にはそれらしきものは何もない。めぼしいものがなかったのだろうか。心なしか、江利子たちの足取りも重く、雰囲気も暗く感じる。
「江利子……聖?」
 呼びかけるが、表情は翳っている。
「ごめん、蓉子……まさか、あんなことになるなんて……」
 歯を食いしばり、絞り出すようにして震える声で言う江利子。慌てて、隣の聖に視線を向けると、聖は顔を俯け、苦渋の表情で蓉子から目をそらす。
「江利子だけが悪いんじゃない、あたしだって、油断した」
「私が、見抜けなかったなんて……」
 あまりに深刻な江利子と聖の様子に、蓉子も立ちくらんだ。決して、空腹のせいではない。二人の雰囲気から察するに、お金をスリか何かに盗られてしまったのか。しかし、聖の隙をつき、江利子の目をかいくぐるとは、どれだけの手だれなのか。
 悔やんでばかりいても何もならない。聖と江利子に怒りをぶつけたところでどうにかなるわけでもないし、今はこれからどうするかを考えるべきだろう。
「ねえ、一体、相手はどんな感じのヤツだったの?」
「とんがり鼻で、目の間が離れていて、舌の長い、どことなく爬虫類を連想させる奴だったね」
「あの顔が曲者だったのよね。なんか、見られると目をそらしたくなるというか」
 どうやら二人は、相手のことをよく覚えているようだった。それならば、どうにかなるかもしれない。街さえ出ていなければ、見つけて取り返すこともできるかもしれない。
 勢い込んで、さらなる特徴を聞き出そうとする蓉子だが。
「……まさか、あそこでジャックが出るとは」
 江利子の一言に、ピクリと肩を震わせる。
「ホント、あそこまで順調だったのに、あれ絶対、イカサマくさくない?」
 続く聖の言葉に、表情を引き攣らせる。
「ちょ~っと二人とも、いったい、何の話?」
「え、だから、食糧買うにも元手が寂しかったじゃない。で、街に入って色々と物色していたら、小さな賭博場みたいなの見つけて、ここは一丁、たっぷり稼いで蓉子にお腹いっぱい食べてもらおうと思って」
「そうそう、これは純粋なる好意と厚意に基づいた行動なわけで、実際にラスト勝負までは何倍にも増やしていたわけでさー。そう考えるとあたし達も被害者だよね」
「ホントホント、イカサマにしてやられたわ」
 いかにもといった感じで話す江利子と聖。
 蓉子は無言で立ち尽くす。
「そういうわけなんで、もうこれは仕方ないというか不可抗力というか」
「うん、防ぎようのない、悲しい事故だったわ」
「なもんで」
「「許してネ、蓉子☆」」
 胸の前で手を組み、可愛らしく伺いを立ててくる江利子と聖を見て、蓉子はにっこりと笑った。
 つられるようにして、江利子と聖も笑う。
 そして。

 

「アホかーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」

 

 次の瞬間には、蓉子の怒号が新たな街の中に響き渡っていた。

 

次へ→

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

 

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-ギャグ・その他, マリア様がみてる
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.