書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

『無限の住人~幕末ノ章~』3巻の感想。万次と沖田の対決、虚実交えた歴史の流れが面白い

更新日:

こんにちは、神門です。

「無限の住人」のスピンオフとして描かれている、「無限の住人~幕末ノ章~」の3巻の感想です!

 

作品情報

作品名 無限の住人~幕末ノ章~
著者 滝川廉治 (著), 陶延リュウ (著)
出版社 講談社
紹介対象の巻 3巻
ジャンル 幕末剣劇アクション

 

作品の感想

2巻で描かれていたのは池田屋事件。
桂小五郎とともに池田屋に乗り込んだ万次。
そこにやってきた新選組。
万次の前に立ちふさがるは天才剣士・沖田総司。

不死vs天才の戦いの行方は?

というところで終わっていました。

さあ、この3巻ではいよいよ沖田との本格的な戦いがなされます!

とはいっても天才剣士の沖田です。
万次はあくまで「不死」という力があることで数々の強敵を打ち破ってきた男です。
もちろん、剣の腕だって相当なものがあることは確かですが、達人の域には達していない。
当然のことながら、剣の戦いでは沖田の方が圧倒的に強さを見せます。

その沖田の姿に、万次はかつて剣をかわした強敵たちの姿を重ねて見ます。

こういうところで旧キャラを登場させるのも一つの手段ですね。
万次も、この頃はまだ逸刀流のことを忘れていないようです。

沖田の剣に見るのは・・・

「無限の住人~幕末ノ章~」 3巻  陶延リュウ/講談社より 引用

 

圧倒的に不利な万次ですが、それでも数々の修羅場を切り抜けてきた経験がありますし、何より剣にはこだわらない戦い方。
沖田に対しても剣ではなく、あらゆる状況を、状態を武器にして戦います。
その結果、沖田は・・・・

おー、なるほどねぇ。
そういう展開に持っていきますか、というところ。
ある意味、上手い持っていきかただなーと思いました。
読んでいない方にとってはネタバレになるのでそれ以上は言えないのですが。

「無限の住人~幕末ノ章~」 3巻  陶延リュウ/講談社より 引用

 

万次と沖田以外の戦いでは新選組が強さを見せます。
その戦いはなかなかに残酷で、人がばっさばっさと斬られて死んでいきます。
この辺は本家らしい容赦なさですね。

歴史の流れもオリジナルを組み入れています。
2巻で登場の山南さんの逸番隊。
今巻ではまた、実際の歴史では・・・・の人が違う形で登場します。
史実と、史実と異なる「無限の住人」ならではの展開を組み込んで織り成される物語。

虚実をうまいことまじりあわせて創り上げていると思います。

「無限の住人~幕末ノ章~」 3巻  陶延リュウ/講談社より 引用

 

さてさて。
物語は万次と新選組の対立が本格的なものになっていきそう。
万次に迫る新選組の手。
沖田総司だけではない、様々な使い手、強者たちとどのような戦いをするのか。
あるいは政治的、歴史的にどう関わっていくのか。

楽しみが広がっていきます。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.