書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

マリア様がみてる 百合CP

【マリみてSS(乃梨子×色々)】 雛鳥たちの囀る季節 2.魔法の言葉

更新日:

 

~ 魔法の言葉 ~

 

 

 乃梨子の属する学科は人数が多い。男女比としては女子の方が人数が多い。そういうわけで、同じ学科でもクラスが分割されていて、講義によってはクラス単位で受講することになる(語学や体育等)
 そういうわけで、同じ学科に所属していても接する機会のほとんどない人もいるし、乃梨子のように関心が薄いと名前すら知らない人もいる。一年も経過したというのにこれでいいのかと思う一方で、きっと他の皆も同じようなものだろうと思う。
 一緒に行動するのはいつも決まったような相手とばかり、必然的に名字の並びが比較的近い人と仲良くなりやすい、同じようなキャラクターの人達でグループが出来る。当たり前のことといっては当たり前のことで、乃梨子のような人間がふわふわとしているのも当然だ。
 別に、それでいい。いじめられているわけでも、ハブられているわけでもない。適度な距離を保って、同じ学科の人とはうまいことやっているのだから。
「……やっほー、乃梨ちゃーん」
「ええと……葉山さん……」
「えりなでいいよー、友達なんだから」
 にこにこと接してくるえりな。
「こんにちはー、光ちゃん」
「ああ、うん。てか、そんな親しい間柄だったっけ、あたし達? てゆうか乃梨子」
「この前、友達になったんだよねー?」
「ま、まあ……」
 頭を抱えたくなった。
 光の目線が露骨に、「なんでこんな頭のゆるそうな子と友達になったの?」と問いかけてきている。教えてほしいのは自分と言いたいくらいなのだが。
「へへー、光ちゃんもこれから仲良くしようね、それじゃねー」
 言いたいことだけ言うと、えりなは遠くから呼んでいる他の友人らしき女の子達と合流し、どこかへ行ってしまった。
「……何、あの子」
「私が聞きたいよ」
 ため息を吐き出す。
「なんかやったの、乃梨子?」
「分からんよぅ」
 ぐったりと机に頬をつけてうなだれる。
 ひんやりとした感触が気持ちいい、などと現実を忘れたくてそんなことを考える。
 そうして現実逃避から戻って目を開いてみると、顔が横を向いていたため講堂の端まで見渡すことが出来た。前の時間は学科全員で受ける講義で、広い講堂を使用していたのだ。
 その端っこの席に一人の女子学生が座っていた。特になんてことない光景だが、目にとどまったのは直後に発生したことのせい。
 一生懸命に黒板の内容をノートに書き写しているらしき女子、その脇の通路を別の女子達が通って講堂の出口に向かっていたのだが、ノートをとっている女子の横を通るとき明らかにわざと肩にぶつかった。弾みで女子の手が、置いてあった消しゴムを弾いて落としてしまう。
 落ちた消しゴムを、歩いていた女子が蹴飛ばす。友達と話していていかにも気づきませんでした、といった風を装っているが、消しゴムが落ちた場所を考えると狙って足をのばして蹴ったように見えた。
 更に、後から歩いていた女子も、消しゴムを追って身を乗り出しかけた女子の肩にぶつかる。「あ、ごめん」なんて言っているけれど、謝罪の気持ちがこもっているようには見えない。
 そんな感じで女子四人の集団が出て行ったところで、ようやく件の女子は立ち上がって落ちた消しゴムを拾いに行った。何も言わずに席に戻り、ノーとの書き写しを再開する。
「――ねえ光、見た、今の? あれって」
「ああ、西園寺さんか」
「西園寺さん?」
 後ろの机に行儀悪く腰掛けている光の言葉に、首を傾げる。
 もう一度、西園寺と呼ばれた女子を見る。講義が終わってしばし経つのに、いまだにノートを書き終えられないとは、相当にトロいのだろうか。
 いや、先ほどのは明らかに。
「あー、乃梨子は知らないのか。まあ、興味なさそうだもんね」
「何かあったの?」
「たいしたことじゃないんだけどさー、女ってほら、粘着質じゃん。あ、乃梨子はそういうの全然ないけど」
「……それは、私にたいする誹謗中傷でしょうか、光さん」
「でまあ、結局のところ西園寺さんは彼女らを怒らせちゃったわけよ」
 光の話を聞くと、西園寺はいいところのお嬢様で、西園寺の何気ない発言が他の女子にとっては鼻持ちならないものだったらしい。西園寺に悪気があるわけではなかったが、彼女達にとってはそう思えなかった。特に接する機会の多い同じクラスのメンバーは顕著で、クラスの懇親会の飲み会での発言が最終的な引き金になったとも噂されている。
 そうして気が付いた時には、周囲から無視されるようになっていた。
「箱入り娘が大学に出てきて、ま、やらかしちゃったと。まったく、大学までエスカレーターで行ってればいいのに」
 肩をすくめる光。
 先ほどの四人はクラスでも女子の中心的な存在で、その四人に睨まれてしまった。そして四人にあえて逆らって西園寺と仲良くしようという者もおらず、今に至るらしい。西園寺はずっと一人で誰からも話しかけられず、体育でもペアを組めず、チームに入ってもゲームではのけ者。
「え、なに、それで一年もずっとネチネチとあんなせこいイジメをしているの? 大学生にもなって? 気が合わないなら自分たちだけ距離をとっていれいばいいのに、他の人にも無視させるとか陰湿だね、てか馬鹿じゃないの」
「あはは、女は怖いよねー」
「てゆーか。光も無視してんの?」
「無視ってゆうか、もともと接点ないし。用事があれば普通に話しかけたりはするけど」
「ま、そらそうか」
「何、じゃあ乃梨子、あんたが話しかけて友達になってあげる?」
「え~、いや、それはどうかな」
「そうゆうこと。偽善ぶるのはやめなって、どうせできもしないこと」
 光の言うとおりだ。
 四人組の行為は馬鹿馬鹿しいと思うが、だからといってやめさせるとか、西園寺と仲良くなるとか、具体的な行動にできるわけでもない。自分がやりもしないのに偉そうなことを口にできるわけもない。それこそ偽善だ。
 だが、こういうとき。
 祐巳とか志摩子なら、そんなこと考えもせずに彼女話しかけるのだろうなとも思う。その辺は、明らかに自分とは異なるのだ。
「まあ、いいか。私達もお昼ご飯にしよう」
「学食? 外行く?」
「学食でいいっしょ。お金もかかるし」
 バッグを肩に提げて立ち上がり、出口に向かう。
 人もまばらになった講堂の中、まだノートに書き写している西園寺の姿を目の端に留めながら。

 

「――ったく光のやつ、何が『彼氏に呼ばれたから』だっつーのよ。どうせまた、痛い目にあうくせに」
 光の男の見る目のなさはどうしようもない。それなのに懲りもせずに繰り返すのは、学習能力がないのか。勉強の要領は良いくせに、と呆れるほかない。
 別にノートを後で見せるのは良いのだが、講義を抜ける理由が男というのが頭にくるのだ。ぷんぷんしながら教室に入ると、多くの席が既に埋まっていた。狭い教室だから、いつも人数ギリギリになる。中盤から後方の人気席は既に埋まっており、空いているのは前方にぽつりぽつりと。
「ごめん、そこ、空いている?」
「――え?」
 教科書に目を落としていた女の子が顔をあげ、乃梨子を見て驚く。
「何か?」
「いえ……別に」
 今まで話したこともない子で、何を驚かれたのだろうか。端の席に座っていた彼女が無言で立ち上がる。どうやら詰めてはくれないようで、奥の席に入れということらしい。まあ確かに、中の席の方が窮屈になるけれど。
 乃梨子はそそくさと入り込んで席につき、バッグから筆記用具を取り出す。
 そこまできて、ちらりと横目で隣を見て、考え込む。
 講師が登場して、講義に入る。
 説明しながら板書をして、その内容をノートに書き写し始めて少しして、ようやく思い出した。隣の女子が西園寺だということを。
 黙々とノートをとる姿で思い出したのだ。
 勿論、だからといって何か話しかけることなどしない。今までだって、もしかしたら隣になったことくらいあるかもしれないが、話した記憶なんかないのだから。
 それでも光の話を聞いたからなんとなく気になり、少しばかり西園寺の様子を見て、彼女の書き取りが遅い理由が分かった。
 非常に丁寧に、綺麗に書いているのだ。書き方一つだけで、なんとなくお嬢様というのが分かってしまう感じ。
 しかし、講師はそんなこと憂慮しない。人によっては凄まじいスピードで書いては消してゆく。西園寺の書き方で追いつくのは、なかなか大変だろう。というか、ノートに夢中で肝心の講義内容は聞けているのだろうかと、余計な心配をしながら講義を受けた。
 やがて、何事もなく講義が終わる。
 当然のように西園寺はノートの書き写しが終えられていない。これだけ遅いと内側の席の人、即ち今なら乃梨子が出られないので、もっと奥の席に座れば良いのにと思う。そう考えると、西園寺の並びの席が空いていたのは頷ける。乃梨子の反対隣りも空席なのだ。
 西園寺とは反対側に抜けて出れば良いのだが、なんとなく頬杖ついて携帯をいじって席に留まる。光からのメールが届いているので確認する。
「――それでさ、アイツが馬鹿なこと言うから」
 出口に向かいながらお喋りする女子の声が聞こえる。
 その女子が西園寺の横を通過するとき。
「あっ、ごめーん」
 ノートをとっていた西園寺の手に持っていたバッグがあたった。ノートには長い線が引かれていた。書いている途中だったからだ。
 後ろにいる友人達と笑っている女子。
「――――はぁ、馬鹿馬鹿しい。アホじゃないの」
 つい、呟いていた。
「はぁ? ちょっと二条さん、今、なんか言った?」
 聞きとがめられ、足を止めた女子に睨まれる。ああヤバい、余計なことを口にした。
「……え? あ、何、井倉さんだっけ。いや、さぼって彼氏とデートしている光から写メがきてさー。いまどき、これはないっしょ、ほんと馬鹿なんじゃないのこの子」
 呆れたように携帯画面を見せる。
 画面をじっと見る、女子軍団。
「何コレ、マジでありえなくない?」
「あははっ、来栖だよね、ほんと馬鹿っぽい!」
 きゃあきゃあと騒ぎだす。
 アホい痛メールだったけれど、そのお蔭で助かった。光には申し訳ないので、今度何か奢ってあげよう。
「ふーん……そっか。それじゃあね」
 バイバイ、と手を振って去っていく。メイクも衣装もバッチリ決まって、華やかなのは確かだけれど、乃梨子が付き合えるような相手ではないと本気で思う。
 井倉が去ったところで隣を見てみると、西園寺は何事もないかのようにノートをとりつづけていた。

 

 午後の二コマ目である四限が休講となった。五限はとっていないのでとっとと帰ればよいのだが、今日は家庭教師のアルバイトがある日だった。講義が終わってから向かうと丁度良い時間になるのだが、今から行くと早すぎる。
 どこか途中で時間を潰せばよいが、店に入るとお金がかかるし、それなら大学の図書館あたりで本でも読んでいた方がマシだろう。
 乃梨子はそう結論づけて歩き、一旦校舎を出て図書館に足を向けるのだが、ふと足を止めた。
 首を後ろにひねって頭上を見上げてみれば、春には似つかわしくない曇り空、そして屋上のフェンス。そこに人影を見たような気がした乃梨子は、気が付けば校舎へとUターンして階段を駆け上がっていた。
 息を切らせて屋上に続く扉の前まで辿り着き、南京錠を調べてみれば案の定、鍵は外れていた。
 音を立てないように扉を開けて、そっと屋上へと足を踏み出す。
 強い風が吹き付けて髪の毛がばさばさとはためくのを、どうにか手でおさえつけて歩いていくと。
 半ば予想した通りの光景が広がっていた。
 給水塔の上で背筋をぴんとのばした立ち姿。そして、風にのって聞こえてくる歌声。
 大きな声ではないのに、胸の中に染み渡るように広がっていく。乃梨子の知らない歌であったけれど、そんなことどうでもいいくらいにただ耳をすませて心をゆだねる。
 上手だというのはもちろんあるけれど、それ以上に響いてくる何かがあるように思えるのだ。
 歌い終えるまでの数分間、乃梨子は彼女を独占していた。そして、乃梨子の心もまた彼女の歌に独占されていた。
 風が、弱まる。
「…………何か、ご用?」
 声を聞いて見上げれば、給水塔から見下ろしてきている彼女。逆行となって表情はよく読み取れない。
 前の時は思わず逃げてしまったが、今回は足を釘づけされたようで、身動きが取れなかった。
 いや、もともと彼女に惹かれるようにしてここまで上ってきたのだ。
 乃梨子が答えに逡巡している間に、静は軽やかに給水塔から降りてきて、屋上をゆっくりと歩き、乃梨子に背を向けて立ち止まる。
「ご、ごめんなさい。盗み聞きするつもりじゃなかったんだけど、つい」
 答えると、彼女――蟹名静は僅かに体の向きを変え、乃梨子に顔を向ける。整った鼻梁、黒真珠のような瞳に、気圧されかける。
「盗み聞きも何も……そこで堂々とずっと聞いていたじゃない」
 くすくすとおかしそうに静は笑い、乃梨子は恥ずかしくて頬が熱くなる。
 そこでようやく体の呪縛が解けて動けるようになり、ゆっくりと静の方に歩み寄って行った。静はクールで大人びた美人だった。同じ学科に一年以上も一緒にいながら、まじまじと顔を見るのはこれが初めてかもしれない。
「どうして、あんな場所で歌っているんですか?」
「どうしてだと思う?」
「え、わ、分からないけど」
「じゃあ、私も分からないわ」
 はぐらかす静だが、意外と本気で言っているようにも聞こえる。
「あの、蟹名静さん、ですよね?」
「そうよ。あなたは二条乃梨子さんよね」
「あ、私のこと、知っているんですか?」
「ええ、もちろん」
「そ、そりゃそうか。同じ学科ですもんね。私くらいか、あんまり同じ学科の子のこと覚えていないのは」
 照れ隠しに頬を掻きながら苦笑いする。
「講義サボって、歌いに来ているんですか?」
「講義中は、大学も静かになるから。でも、サボるのはたまによ?」
 悪戯っぽく口の端をあげる静。
「そっか……でも、なんか嬉しかったです」
「嬉しかった? どうして?」
 首を傾げて尋ねてくる。
 乃梨子は、先ほどのことを思い出しながら口を開く。
「だって、私一人だけで、蟹名さんのコンサートを独占しているみたいだったから」
 場所は屋上で、音響設備も何もあったものではないけれど、静の口が奏でるメロディは風に溶け込み、全身を心地よく包んでくれた。
「できれば、今後も蟹名さんの歌を独占したいな、なんて思っちゃいました」
 そこで初めて、静は完全に乃梨子の方に体を向けた。
 目を軽く広げて乃梨子を見つめると、僅かに俯いて拳で口元を隠す。微かに肩が震えているように見えるのは、笑っているのだろうか。乃梨子からは、静の表情は分からなかった。
「……貴女、もしかして実はやり手なのかしら? 今の台詞、口説かれているみたいで胸にきたわ」
「え…………?」
 指摘されて、自分の言葉を思い出して、一気に赤面する。
「え、いやっ、あの、そういうつもりじゃなかったんですけどっ!」
 ばたばたと手を振り、誤解を紐解こうと口を開くのだが、どうにもうまく言い繕うことが出来ない。なぜって、先ほどの言葉は特に何か考えて言ったわけではなく、ごく自然と口にしてしまったものだから。
 だけど確かに言われてみれば、ずっと独占したいなんてまるで告白みたいだ。
「ふふっ、ありがとう。それくらい私の歌を気に入ってくれたということでしょう」
 慌てる乃梨子を見て、静は可笑しそうに口元を緩める。
「うぅ……」
 火照った頬を膨らませ、照れ隠しにもならないことをするしかない乃梨子。
 静は相変わらず可笑しそうに乃梨子のことを見ていたが、ふと真顔になる。
「ねえ。私がここで歌っていることは、他の人には言わないでほしいの」
「え? 別にいいですけど。こんな場所来るの、私くらいだろうし、それに屋上への扉の鍵が壊れているなんて他に誰も知らないだろうし」
「ありがとう」
 軽く頭を下げると、静はそのまま歩き出し、乃梨子の横を通り過ぎて扉へと向かう。すれ違いざまに漂ってきたくすぐったいような匂いは、静のつけている香水か何かだろうか。このまま別れるのがなんとなく惜しくて、特に何も考えずに振り向きざまに口を開く。
「あの、蟹名さん」
 静の足が止まったのは、乃梨子のほんの1.5mほど先。
 体の向きはそのままに、首だけを捻って横顔を見せる。
「――――静」
「……え?」
「他人行儀な呼び方じゃなくて、いいわよ」
「え、でも」
「私達、同級生でしょう…………乃梨子?」
 あの、玲瓏な歌声を紡ぎだす唇から自分の名前が飛び出て、胸の鼓動が一瞬、大きくなる。単なる名前なのに、それは薄桃色の唇が生み出す、魔法の言葉。
「う……ん、分かった、静」
 乃梨子がそう言うと、満足したようにほんのわずかだけ口元に笑みを浮かべ、静は校舎の中へと戻って行った。
 屋上に一人残される乃梨子。
 風が強く吹き、頭上を鳥の群れが飛び去る。
「………………」

 乱れる髪の毛を指で梳きながら。  乃梨子は不思議そうに首を横に傾け、ただ立ちすくむのであった。

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-マリア様がみてる, 百合CP
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.