ミステリー 書評

【ブックレビュー】ワニの町へ来たスパイ(著:ジャナ・デリオン)

更新日:

【作品情報】
 作品名:ワニの町へ来たスパイ
 著者:ジャナ・デリオン
 ページ数:320ページ
 ジャンル:ミステリー
 出版社: 東京創元社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 続編も読んでみたくなる度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : ドタバタコメディが好き

 

■作品について

潜入捜査で暴れすぎたため、身を隠す必要の発生したCIAの秘密工作員、フォーチュン。
彼女が送られたのは、ルイジアナにある田舎町。
自分とは正反対の、おしとやかな女性を演じなければならないのだが、町につくなり白骨死体を見つけてしまう。
地元婦人会を牛耳るおばあちゃん二人とともに、事件に巻き込まれてしまうフォーチュンの、ドタバタ活劇、開幕。

■関連レビュー

【ブックレビュー】ミスコン女王が殺された(著:ジャナ・デリオン)

【作品情報】  作品名:ミスコン女王が殺された  著者:ジャナ・デリオン介  ページ数:325ページ  ジャンル:ミステリー  出版社: 東京創元社  おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆  フォーチ ...

続きを見る

■良かった点

主人公であるフォーチュンが、育った環境もあって普通の女の子では全くないというか、世間常識すら知らないのではないか? というところが突き抜けていて良い。
中途半端にするよりも、それくらいの方が物語を動かすには良いだろう。
そしてフォーチュンもそうだが、地元の婦人会を牛耳るアイダ・ベルとガーティのおばあちゃんコンビ。
フォーチュンすらを振り回す、パワフルで活動力に溢れている。
事件を呼び込むのはフォーチュンだが、事件を広げるようにかきまわすのはこの二人のせいではないか。

外国モノ、翻訳モノということでちょっと不安を抱く方、それだけで毛嫌いする方もいるかもしれない。
だけど文章はライトでノリがよく、訳が読み辛いとかも無いので、サクサク読んでいける。
そして登場人物たちのパワーで読まされる。

荒唐無稽な物語ではあるが、エンタメであり、これくらいぶっ飛んでいる方が楽しめる。
ていうか、フォーチュンはよく仕事で潜入捜査とか出来るな。
この物語を読む限り、「無理だろ?」と素直に思ってしまう。
まあ実際、潜入捜査でやらかしてしまったから、田舎町に流されたわけなのだが。

あと、ルイジアナ州ってこんな場所なんだ。という興味がわくと同時に、行きたくもなくなるなぁ。
だって、普通に家のすぐ近くの川にワニがいて危険が間近にあるんだから。

ドラマ化してテレビとかでやっても面白そうだけど、日本人じゃ無理だから外国に作ってもらわないと駄目ですね。
本場ではシリーズとして何作も書かれており、日本にもこれから以下続刊ということで翻訳されるらしい。
先が楽しみな作品である。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

フォーチュンが凄腕のCIA工作員に見えないって?
そんなことを考えてはいけない。
そういう「設定」なんだから、そこは盲目的に信じよう。

 

ワニの町へ来たスパイ (創元推理文庫)

ワニの町へ来たスパイ【電子書籍】[ ジャナ・デリオン ]

価格:950円
(2018/12/23 09:39時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.