書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

はやて×ブレード

【はやて×ブレードSS(ゆかり×瞑子)】束縛系女子

更新日:

 

~ 束縛系女子 ~

 

 

『どうした、メイ。動きが悪かったぞ、具合でも悪いのか?』
『……なんでもないわ、炎雪』
『やはり、飯をちゃんと食べてないから……』
『大丈夫だと言っているでしょう』
 息を吐き出し、瞑子は炎雪の言葉から逃げるように背を向ける。
 鐘が鳴り、立ち合いがあったわけだが、どうにも瞑子の動きに精彩がなかったのだ。相手に負けはしなかったものの、影星を落とすことも出来ず、結局のところ炎雪が先に相手の星を落として終わった。
 瞑子は剣を鞘に戻し、わずかに乱れた髪の毛と呼吸を整える。
 炎雪が見てきていることは気付いていたが、知らんふりをする。この刃友なら、それほど深くは突っ込んでこないはずだから。
『とにかく、炎雪……』
 と、刃友をとっととこの場から追いやろうと口を開きかけたところで。
「スゥちゃ~~~んっ」
 黄色い声が飛んできて振り向けば、笑顔で駆け寄ってくるのは槙。
 炎雪は表情を変えないが、駆けてきた槙にぴょんと飛びつくようにして抱き着いた。
「今日も勝ったのね、偉い、偉い」
 しがみついている炎雪の癖っ毛を撫でると、炎雪は喉を鳴らすようにして頬を摺り寄せる。槙も嬉しそうに笑い、炎雪の唇に軽く触れるだけのキスをする。
「え、何、ご褒美? うん、分かってる、この後ゆっくり……ね? ほら、汗もかいているし……って、え、どうせ汗かくし構わない? いやーん」
「……はぁ」
 勝手にいちゃいちゃしている二人を横目に、呆れたようにため息をつく瞑子。すると、ようやく遅れて槙の刃友が歩いてやってきた。
「なんなのよ、あの二人」
「ただのバカップルです」
 こちらもまた、呆れた様子のゆかり。
「何よう、ゆかりと氷室さんも、いちゃいちゃすればいいじゃない。今、他には人もいないんだし」
 炎雪を抱っこしたまま、唇を尖らせる槙。
「馬鹿馬鹿しい、私たちはそんな関係じゃないし」
「ちょっとゆかり、氷室さん、あんなこと言っているけれど?」
 瞑子と槙の言葉に、ゆかりは無言で肩をすくめるだけ。
「そんなことより……ああ、丁度、終わりましたね」
 五つ目の鐘が鳴り、なんとなく空を見上げる。
 今日も天気は良く、非常に気持ちのいい気候だ。
「ねえねえゆかり、それに氷室さん。今日は土曜日で授業ももう終わりだし、良かったらこの後、一緒にランチでも」
「お断りするわ」
「はぅ。一刀両断ね」
 誘いをあっさりと断られ、がっくりとうなだれる槙。
『……昼食。魚、肉』
「はいはい、スゥちゃんは沢山食べましょうね」
「氷室さんは、どうします」
「ああもう、五月蠅いからさっさとお昼でもどこへでも行ってくれないかしら」
 瞑子は苛々とした表情を隠しもせず、貧乏ゆすりをするように足で地面をつつき、槙達の方を睨みつける。
「それじゃあ、行きましょうか、スゥちゃん。ゆかりは?」
「私は、ちょっとクールダウンしてから行きますから。先輩は先にどうぞ」
「うん、それじゃあ」
 槙が、炎雪を連れて去っていく。

 二人を横目で見送り、ゆかりと二人きりになったところで、瞑子の不機嫌そうな表情は変わらない。
 苛々は更につのっているのか、貧乏ゆすりは激しくなっているようだし、唇を噛みしめて厳しい表情を見せている。
「どうしたんですか、氷室さん。そんなにイラついたご様子で」
「……っ」
 ゆかりを睨みつける瞑子だが、ゆかりは余裕で受け止める。
「それじゃ、私達も行きましょうか」
「ど、どこへよ」
「どこでも……そうですね、とりあえずこちらへ」
 先導して歩き出すゆかり、その後を瞑子は文句も言わずに無言でついていく。校舎の中に入り、ゆっくりと進んでいくが、歩くごとに瞑子の呼吸はわずかに荒くなり、心なしか表情も歪み、ほんのりと頬が赤くなっていくようにも見える。それはちょっとの変化であったが、ゆかりには分かった。
 やがて辿り着いたのは、図書室の中の更に奥の蔵書室。図書委員でも滅多に足を踏み入れないこの場所は、図書室の中以上に本の匂いに包まれている。
 窓がないため、照明はあってもどこか薄暗く感じる中で、瞑子はそのライトの下に立っている。
「なんで、こんな場所に……」
「あら、それなら場所を変えます? 教室とか、部室とか」
「こ、ここでいいわ、別に」
「相変わらず強気な所、好きですけれどね。ふふ、それじゃあ、そろそろ脱いでいいですよ?」
 ゆかりが微笑むと、少しだけ躊躇していたが、やがて瞑子は小さく息を吐き出してから制服に手をかけ、脱ぎ始める。
「天地の制服って、あんまり可愛さはないけれど、それでも制服を脱ぐっていうのはいいですよね」
 可愛らしく小首を傾げながら言うゆかり、瞑子は無言で脱ぎ続ける。
 ジャケット、ブラウス、スカートと床に落ち、下着姿を晒す瞑子。
 いや、正確にいうならば下着姿だけというわけではない。淡い水色の下着の上から、見事な菱縄縛りをされていたのだ。
「く……なんで、こんなこと……」
 悔しさに唇を噛む瞑子。
「瞑子がいけないんですよ、一昨日にキス、し忘れたから」
「だ、だって一昨日は、色々あったから……」
 最近になって、約束のレベルをアップした。キスする時間帯は、部活動時間終了までの学校にいる間。寮に戻ると場所も限定できるし、部屋内だと邪魔も入らないから容易になる。そのため、廃することにしたのだ。
 そして一昨日は立ち合いがあり、相手が強敵で瞑子も苦戦して打撃を受けた。そのため傷の治療をしたりしているうちに、時間が過ぎてしまったのだ。
「言い訳無用、とにかく、お仕置きはお仕置きですからね」
 制服を脱ぎ棄てた今、瞑子の細い肢体が露わになっているわけだが、その全身は縄で縛られていた。
 乳房縛りによって胸を強調するようにされ、股縄には当然、結び目を作って刺激するようにしている。
 全体のバランスも美しく、ゆかりとしても自画自賛の緊縛だ。
 昨日の夜に縛っているので、かれこれ半日以上、瞑子は縛られたまま生活し、挙句の果てには運悪く今日もまた立ち合いを行っている。縄は激しく動くほど縛りが強くなるようにしてあるし、立ち合いで瞑子の動きが冴えなかったというのも、当然のことである。

「は……はやく解いてよ、もう、こんなの……」
「そんなに焦らなくても、いいんじゃない?」
「む、無理よ……だ、だってもう」
 体を震わせ、苦しそうな表情をして、額に汗を浮かべる瞑子。
「だってもう、どうしたの?」
「お、お手洗いに……い、行かせて……」
「――――え、まさか、昨夜からしていないの?」
「で、できないでしょう、こんな風に縛られていたらっ」
「そのまますれば良かったのに」
 きつく食い込んではいるが、誰にも見られていないのであればしてしまえば良いと思うのだが、下着の上から縛っているため履き替えることが出来ない。その辺が、瞑子に心理的抵抗を与えたのかもしれない。
「はいはい、分かりましたから、もう」
 ゆかりは瞑子の背後にまわりこむと、結び目の紐をぐいと引っ張った。すると、あっさりと瞑子を縛っていた縄は緩んだ。

(ふふ……やっぱり、瞑子は縛られていながら、自分で解こうとは試さなかったのね)

 ゆかりが解いた通り、実は少し強く引っ張れば簡単に解けるようにしていたし、その結び目も背中とはいえ手を伸ばせば届かない場所ではない。それにも拘わらず、今日の今まで解いていなかったということは、瞑子は解こうとしなかったということ。
 もちろん、お仕置きだから解いてはいけないという意識もあったのだろうが、本当に辛いなら解こうと試すぐらいはおかしくない。
(つまり……瞑子はやっぱり、口ではなんだかんだ言いつつ、悦んでいた……?)
 思わず口元が緩みそうになるのを堪える。
「はぁっ……はぁ、う、ふうぅっ」
 きつい戒めから解かれて安堵したのもつかの間、瞑子の様相が変わる。
「……あ、や、ダメっ、あ、ちょっ……!!」
 上半身を前かがみにしながら太腿を震わせる。
「と、トイレに……」
「ああ、それじゃあ制服を着ていかないとね。さすがに下着姿でうろつけないでしょう」
「くっ…………」
 歯をくいしばり、床に置いた制服を拾いあげ、なるべく体に衝撃がいかないようにゆっくりと、それでも本人的には精一杯急いで制服を着ていく。
「はあっ、はあっ、はっ」
 息が荒いが、それでも気力で瞑子は制服を全て身に付けた。
「あ、あとはトイレに行くだけ……」
 ゆっくりと、一歩を踏み出す。蔵書室を出て、図書室の中を歩いて、どうにか廊下まで出るのを、ゆかりは後ろから見守る。
 廊下を歩いていると、曲がり角で反対方向から駆けてきた生徒と瞑子の肩がぶつかる。
「はぅあっ!?」
「あ、すみませーん」
 突然の衝撃に、瞑子は身を震わせて懸命に耐えている。
「うあっ、氷室瞑子……っ」
 やば、という顔をしているのは順だった。
 順から見れば、瞑子は怒髪天をつくような怒りの形相なわけだが、実際のところは衝撃で漏れてしまいそうなのを必死に堪えているのだ。
「す、すみません、急いでいて」
 あまりの怖さに、さすがの順も慄いて頭を下げる。
「……も、もういいわ。今度から、気をつけなさい」
 瞑子は絞り出すように、それだけを言う。
「ちょっと駄目よ、順、あなたもっとちゃんと謝りなさい」
「あ、染谷……」
「氷室さんは歩いていたんだし、今のは明らかにあなたが悪いでしょう。そういうときは、きちんと謝りなさいよ」
「え? いや、だから今、謝って」
「もっと心を込めて。今のは、『とりあえず頭下げておけばいいでしょ』という風にしか見えなかったわ」
「いや、そんなこと言われても」
「ちょ、ちょっと染谷さん。私はもう、べ、別に……」
「ほら、氷室さんだってこんなに怒っているじゃない」
 と、ゆかりはぷるぷると小刻みに震えている瞑子を指差す。
「そ、そんなに怒って!?」
 実際には、おしっこを我慢しているだけである。
「夕歩に言いつけちゃうわよ」
「ぐっ……わ、わかったわよぅ」
 夕歩の名前には順も弱い。頭をかきつつ、改めて瞑子の前に立つ。
「あの、氷室さん。ぶつかって申し訳ありませんでした」
「分かったから、もう」
「駄目よ、心がこもっていない、もう一度」
「って、染谷、あんた何なの~~~~っ??」
「~~~~っっ!!」
 その時、激しい波が瞑子を襲ってきた。瞑子はぎゅっと目を瞑り、必死になって堪える。
「うわわっ、す、すみません、この通りです、許してくださいぃ!」
「…………ふぅ~~」
 耐えて波をやり過ごす。

 と、そんなこんなで順とのやり取りで五分ほどを使ってしまった。たかが五分とはいえ、今の瞑子にとっては永遠にも感じる五分であった。
 だがようやく解放され、あと少し歩けば目的地に達する。ほんの少しの我慢で、この苦しみから解放されるのだ。限界はとうに突破し、ロスタイムも終わろうかとしているが、なんとか我慢できる。ここで焦らず、衝撃を与えないような足取りで進む。トイレのマークが目に入る。自然と、苦しみの表情の中にも笑みが浮かぶ。
「あら?」
 と、そこでゆかりが声を上げる。
 どうしたのかと思うと。
「今、なんか点検中で使用できないみたいですよ?」
「――――は?」
 目を下に向ければ、何やら看板のようなものが置かれていて、『ただいま修理・点検中により使用できません。申し訳ありませんが、他をご使用願います』と書かれていた。
「そういえば、ここのトイレ古くて、壊れているのもあって、修理と点検が入るって聞いていましたけど、丁度、今だったんですね」
「そ、そんな……」
 絶望に表情を歪める瞑子。
「い、一か所くらい、使わせてくれるんじゃ……」
「駄目ですよ先輩、ちゃんと守らないと。ほら、他のお手洗いに行きましょう」
 他となると、同じ階だと反対側のずっと離れた場所で、あとは二階の同じ場所にあるはずだが、階段まで行って登らなくてはいけない。
「や……む、無理……」
「ほら、頑張って」
 ゆかりは景気づけのため、瞑子の背中をぱしんと軽く叩く。
「ひぁっ!」
「さ、行きましょうか」
 瞑子の背中を押し、階段へと向かう。
 しかし、どうにか階段まで辿り着き、階段を見上げて瞑子は首を振る。
「む、無理、も、もうダメっ……!!」
 悲痛な声をあげる瞑子。
「駄目って言われても……こんなところで漏らして、いいんですか」
 無言で首を左右に振る瞑子。
「じゃあ、頑張って上って、トイレに行かないと」
 そのゆかりの言葉にも、首を振る。
「ふぅっ、我がままですね、でも、他に選択肢はないんです」
「や、あ、だめっ……!!」
 ゆかりは瞑子の手を引いて、階段を上り始める。瞑子は抵抗できず、内股で必死に上っていくが、踊り場までどうにか辿り着いたところで足が動かなくなってしまった。
「くぅ……っ」
 目を瞑り、内股になって震えて耐える瞑子。
「もう、仕方ないですねぇ」
「え…………え、えっ?」
 ゆかりは息を一つ吐き出すと、いきなり瞑子をお姫様抱っこで持ち上げた。あまりのことに驚き反応できない瞑子をよそに、すたすたと階段を上っていく。
「もう少し、我慢してくださいね」
 人一人を抱えながら歩いているというのに、ゆかりは瞑子に揺れをあまり感じさせないように歩き、素早く二階の女子トイレに入って個室まで瞑子を運んでしまった。幸い、他の生徒の姿はなく、誰にも見られずにすんだ。

「――――っ」
 やがて、最悪の事態を免れた瞑子がトイレから出てくる。入口の脇で待っていたゆかりの姿を目にして、何といったらいいのか分からずに口ごもっていると。
「終わりましたか? 良かったですね、間に合って」
「あ……あ、ありがとう」
 ゆかりに優しく微笑みかけられて、思わず顔を赤くしながらお礼の言葉を口にする瞑子。もとをただせばゆかりに縄で縛られたことがきっかけで今の事態になったというのに、それでも学校内で失禁なんてことを回避、それも最後はゆかりに助けてもらったわけで、自然と言ってしまったのだ。
「どういたしまして」
 ゆかりはあくまで穏やかで、瞑子もほっとしていたのだが……

 

「な、なんで、またこんなことっ……」
 翌日の日曜日、夕食と入浴を終えて就寝前のひととき、部屋に訪れたゆかりによって瞑子は服を脱がされ下着姿にされていた。
「なんでって、私にお姫様抱っこをさせてトイレまで運ばせたのよ? お仕置きにあうのは当然でしょう」
 言いながらゆかりは瞑子の肢体を縄で縛っていく。昨日のうちに出来たのに、あえて日曜の夜に縛るということは、そのまま学校に行かせるという意思だ。容赦ないゆかりの仕置に、瞑子は体を震わせる。
 ちなみに同室の炎雪は槙がどこかに散歩に連れて行ってくれていて、部屋の中には二人しかいない。
「くっ……うぅ」
 下着姿を晒して縛られているという屈辱に歪む瞑子の表情。しかし、それでも逃げたり抵抗したりしないところが、今の瞑子を物語っている。
 なんだかんだと言いつつもゆかりの言葉を受け入れ、受容してしまっているのだ。柔肌に食い込む縄の締め付けに歯を食いしばり、恥辱に体を震わせ頬を朱に染める。嫌だと言いつつも積極的に抗わない。そんな瞑子の姿にゆかりは痺れる。
 しなやかに引き締まった細身の瞑子に、緊縛の縄はよく映える。贅沢をいえばもう少し胸が大きいと良いのだが、無いものは仕方がないので、せめて縄で大きく見せるように縛ってみせる。
 下着も脱がせたいところだが、まだそこまでは勘弁する。下着を身に付けているということが、瞑子のプライドを僅かなりとも保持させているからだ。唯々諾々と簡単に従うようではつまらない、羞恥と屈辱に耐え、徐々に堕ちていく様がゆかりの心を昂らせるのだ。
「どう? まだ昨日ほどきつくは縛っていないから、もう少し強くしても大丈夫よね?」
「え……え、ええ、も、もう少しくらいなら……」
 熱い吐息を吐き出しながら、瞑子が答える。
 嘘であった。
 実は既に昨日よりも力を込めて強めにしていたのだ。それでいてまだ大丈夫というのは、ゆかりの言葉に従わざるをえなかったのか、それとも本当に大丈夫と思っているのか。おそらく両方が入りまじっているのだろうと、ゆかりは想像する。瞑子の肉体は、この程度の縛りでは物足りないと思いつつあるのだ。
「…………」
 ちらりと見上げると、どこか物欲しそうな瞳をしている瞑子の姿が目にうつり、ゆかりは一人うなずく。
「それじゃあ、もう少し強くするわね」
 言いながら、少しどころか相当に力を入れて縄を引っ張る。
「くっ……ふぅっ、あ……」
 苦しげな息が漏れ、身を反らして震えている瞑子。ゆかりは容赦なく力を入れ、ギリギリのレベルを保って縛り終える。締め付けの強さに加え、今回は結び目をお尻の部分にも追加してある。
 乱れた呼吸をする瞑子のお尻が、しゃがみ込んでいるゆかりの目の前で揺れる。強く縛られた縄によってショーツが食い込み、生のお尻部分が露出している。
「ほら瞑子、そんなもじもじしていないで、しゃんとしなさい」
「ひぁっ!?」
 我慢できなくなって、お尻を叩く。小気味良い音が室内に響き、瞑子は恨めし気にゆかりのことを睨みつける。
「どうしましたか?」
 縄で縛られた瞑子の姿は美しかった。鍛えられ、引き締まって無駄のない肉体を、さらに引き締めて見せる縄。火照って色づく白い肌。
「な、なんで叩くのよ」
「口答えするからですよ」
 もう一度、叩く。
 瞑子は悲鳴を噛み殺している。
「仕方ないからお仕置きするしかないでしょう。また口答えするようだったら、またお仕置きしてあげますから」
「な……なん……っ」
「ん、なんですか?」
 瞑子の葛藤が分かった。文句を言えば、お仕置きという名目のもとにお尻を叩いてもらえる。そのことが、瞑子の脳裏をよぎっているのだ。
「…………な、なんでも、ないわよ」
 しかし、さすがにそこまでは堕ちていないようで、どうにか我慢したようだ。素っ気ない顔をしているが、どこか残念そうな表情をしていることをゆかりは見逃さない。
「そう。それじゃあ、また明日まで、ね」
 気づかないふりをしてゆかりは瞑子に別れを告げ、自室へと戻った。

 そして翌日。
「……ごきげんよう、氷室先輩」
「………………」
 校舎内、廊下の一角でゆかりと瞑子は出会った。
 優等生の笑みで挨拶を浮かべるゆかりに対し、瞑子は相変わらずの無表情だが、ゆかりには少し無理をしていることが分かった。
「何か、用?」
「つれないですね、先輩」
 歩き出した瞑子と並ぶように歩を進めるゆかり。他の生徒たちは、不思議な二人の組み合わせを目にして、遠巻きに見ているだけだ。
「ねえ先輩、勝手に解いたりしていないですよね?」
 小声で問いかけるゆかり。
 無視することも出来ず、無言で僅かに顎を引き肯定してみせる瞑子。
「でも、本当かどうかわかりませんからねぇ。見せて証明してくれませんか?」
「そっ、そんなこと、できるわけないでしょう」
 眼鏡の下で目を剥く瞑子だが、迫力は感じられない。
「どうしてですか」
「こんな、他の生徒もいるところで」
 二人は廊下から階段へと足を向けた。ちょうど、廊下側から隠れたタイミングでゆかりは瞑子の肩をつかみ、壁へと押し付ける。
「な、なによ、いきなり」
「ほら、今なら誰も見ていませんよ?」
「なっ……何を言って」
「スカートを持ち上げて見せてくれればいいんですよ」
 廊下にいた生徒の死角に入ったとはいえ、いつ誰がやってくるとも分からないし、階段だって上の階、あるいは下の階から人がやってくるかもしれない。生徒の気配は周囲のどこからも感じられるのだ。
「で、できるわけっ」
「早くしないと、本当に誰か来ちゃいますよ?」
「だ、だから……」
「…………」
 ゆかりは無言で瞑子の顔を見続けてプレッシャーを与える。掴んだ肩から手は離さない。
 やがて。

11 瞑子はスカートの裾を手でつまむと、おずおずと持ち上げはじめた。ゆっくりと瞑子の太腿が露わになってくる。
 さっさとやってしまった方が危険度は少ないのに、羞恥心のため、迷いがあるため、どうしてもそうなってしまうのだ。
 しかし、どこからか他の生徒のざわめきや足音が近づいてきたのを感じて、瞑子は俯いて真っ赤になりながらもようやく最後の一線を越えた。
「こ……これで、いいでしょう…………?」
 捲り上げられたスカートの下、確かにショーツに食い込んだ縄が見えた。
 瞑子は瞳を潤ませながら、素早くスカートの裾を元に戻した。
 直後、廊下と階上から女子生徒が姿を現し、二人のことを不思議そうに見つめてきた。
「氷室先輩、肩についていた糸くず、取れましたから」
 古典的な言い訳で瞑子の肩から手を離すゆかり。
 生徒達はすぐに興味を失ったかのように、自分たちのお喋りに興じ、足早に過ぎ去っていく。瞑子とゆかりも、階段を降りはじめる。
「――よくできましたね、瞑子」
 正面を向いたまま、ゆかりは口を開く。
「いい子には、ちゃんとご褒美をあげますから……ね?」
 そう言うゆかりの横顔を見て。
 瞑子はぞくりと身を震わすのであった。

 

 

おしまい

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-はやて×ブレード
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.