書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

漫画等の紹介・考察

橋本悠氏の『2.5次元の誘惑』3巻の感想。素敵な先生と新たなライバル(?)登場で熱くなる物語

投稿日:

 

こんにちは、神門です。

コスプレの世界は詳しくありませんが、漫画などの作品で読んで楽しんでいたりはします。

そんなコスプレを素材にした作品は色々とあると思いますが、今、熱いのは「2.5次元の誘惑」です。

その3巻の感想です!

橋本悠氏の『2.5次元の誘惑』2巻の感想。エロだけに非ず。コスプレとキャラへの愛の溢れた作品

  こんにちは、神門です。 可愛い女の子 コスプレ ラブコメ そんな文字にピンと来た方にお送りする(?)作品、「2.5次元の誘惑」2巻の感想です。   作品情報 2.5次元の誘惑 ...

続きを見る

 

作品情報

2.5次元の誘惑 セミカラー版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

作品名 2.5次元の誘惑
著者 橋本 悠
出版社 集英社
紹介対象の巻 3巻
ジャンル ちょっとエッチなコスプレラブコメ

 

作品の感想

コスプレを素材としたラブコメ。

前巻ではとうとうコスプレイベントデビューをしたリリサ

初めてのイベントでどうすれば良いかもわからないし、ROMは売れないしで自信を無くす中、主人公・奥村の一言で一気に潮目が変わりました。

それまでは、可愛い女の子が登場するラブコメ作品くらいでしたが、あのシーンは良かったですね。

普通の男の子(オタクだが)の主人公ですが、決して惚れてもおかしくないと思わせてくれる。

そういうのって大事です。

熱かったシーン。再掲

「2.5次元の誘惑」 2巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

さて、この3巻ではもう一人のコスプレイヤーが登場します!

正確には既に登場していたのですが、改めてです。

そう、それはもちろん、2巻で思わせぶりに登場した先生です。

そして予想通りというか、まあ分かっていたけれど、先生は魔乳のまゆらさんでした!
(なお、本名はまゆりさん。もうちょっと名前、捻った方がよいではないですかね)

この先生も現実離れしているわけではなく、むしろ現実的というか。

コスプレは大好きだ。

だけど教師となった身でエロいコスプレをして写真を売るなんてことを続けるわけにもいかず、コスプレを断念した。

他の人にも秘密にしている事実。

コスプレに限らず、オタク的な趣味を持っている人は、どこかでそれを諦めてきている人も多いのではないでしょうか。

身につまされる方もいるのではないかと思います。

コスプレをやめた理由を語るまゆり。まあ、そうか・・・

「2.5次元の誘惑」 3巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

そんなまゆり先生に、部活の顧問になってくれるようお願いする主人公達。

顧問がいないと部として認められず、部室を取り上げられてしまうというのは王道展開。

コスプレから離れたはずなのに、コスプレをするリリサの純粋さを「尊い」、「愛してる」と思っちゃうまゆり先生はまったく卒業できていません。

見た目は巨乳の美人教師、中身はオタクでしかも少し男っぽいという、素晴らしいキャラですね。

「2.5次元の誘惑」 3巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

そんなこんなで無事に部室を確保したものの、部としての活動報告をしなければならない。

リリサたちは活動実績を作るため、新たなコスプレイベントに参加することにします。

そのイベントに、コスプレ四天王と呼ばれるうちの一人が参加しますが、彼女がまた新たなコスプレキャラ。

キャラを愛するためコスプレするのではなく、コスプレが好きなので用意されたキャラのコスプレをする、コスプレのプロ。

そんな彼女と果たしてどのようなコスプレを繰り広げるのか。

また一癖ありそうなコスプレイヤーさんの登場

「2.5次元の誘惑」 3巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

4巻が待ち遠しいです。

ちなみに。

2巻でも出てきた、まゆりのコスプレ相方=エルフのお姉さんが実は百合でこれまた素晴らしかったです。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.