書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

漫画等の紹介・考察

魔法少女コメディ『アクロトリップ』1-3巻の感想!こいつは掛け値なしな極上のギャグ漫画だ!

更新日:

 

こんにちは、神門です。

 

昔から存在する魔法少女もの。

昨今では色々なバリエーションの魔法少女モノがでています。

ダーク・ファンタジーであったり、おっさんが魔法少女になるものであったり。

そんな魔法少女もので今、もっとも勢いがあって熱いのが『アクロトリップ』です!

ということで『アクロトリップ』1-3巻のご紹介です!

 

作品情報

作品名 アクロトリップ
著者 佐和田米
出版社 集英社
紹介対象の巻 1-3巻
ジャンル 魔法少女コメディ

 

作品の感想

『アクロトリップ』はりぼんで連載されている、佐和田米先生による魔法少女コメディです。

主人公の伊達地図子(なぜ地図子?)は新潟県の某市に在住。

その地には悪の組織フォッサマグナと、街を守る魔法少女ベリーブロッサムがいて日夜戦っています。

地図子はそんな魔法少女の大ファン!

ということで、ベリーブロッサムを追いかける魔法少女オタ活をしています。

しかし、そんな地図子にも不満があります。

それは・・・・悪の総帥・クロマがあまりにヘタレで弱すぎること!

 

いつも正面突破の馬鹿正直な作戦で、ベリーブロッサムに叩きのめされてしまいます。

だから街ではクロマが現れてベリーブロッサムと戦い始めても、誰も注目していなかったりします。

そこが地図子としては物足りなく、悪に苦戦しつつも最後は魔法少女が勝つ! というところに快感を覚えたいわけです。

そんな風にもやもやを抱えていた地図子は、ベリーブロッサムにぼこぼこにされて一人反省会をしていたクロマに出会い、悪の作戦をたてる参謀としてスカウトされます。

こうして、なぜか悪のお手伝いをすることになる地図子の苦闘と、クロマとベリーブロッサムのぐだぐだな戦いが展開されていくことになるのです!

これだけでダメそうだとわかる悪の総帥・クロマ。そして魔法少女らしからぬ掛け声のベリーブロッサム

「アクロトリップ」 1巻  佐和田米/集英社より 引用

 

それを作り出しているのは、なんといっても悪の総帥・クロマのヘタレさと、地図子のツッコミです。

クロマは本当に良いキャラです。

  • 悪いことといって、お店の入口にあるマットを全て裏返すことをしていたり
  • 魔力を有するけれど、魔力は月初め更新なので月末になると魔力不足になったり
  • クマ怪人(ベアベアと鳴くのでクマ怪人と言っているが、クマはベアと鳴かない)を懐かせるために鍋パやったり

 

なんというか、行動の一つ一つが愛らしい(笑)

そして、それに対する地図子のツッコミのキレもよい。

こういうギャグ漫画は、最初こそ勢いあっても、その勢いというか面白さをずっと継続するのが難しく、課題でもあると思いますが、3巻まで出版されている現在(2020年7末時点)では、その勢いは衰えていません。

クマ怪人に懐かれたく、鍋パを提案するクロマ

「アクロトリップ」 1巻  佐和田米/集英社より 引用

 

クロマにばかりスポットをあててしまいましたが、もちろん、魔法少女のベリーブロッサム側だって黙っちゃいません。

  • 魔法少女につきものの、なんか二頭身の存在(マシロウという猫?)
  • 魔法少女の活躍はテレビのニュースで映像を見ることができますが、その映像を撮影しているのがその魔法少女の相棒であるマシロウであるとか。
  • 普段は学校に通っているので、学校イベントがある時は戦う時間を調整したり
  • 魔法少女といいつつ肉弾攻撃で戦ったり

まあ、色々とです!

なんか二頭身の存在!

「アクロトリップ」 1巻  佐和田米/集英社より 引用

 

ギャグを言葉で説明しようとすると陳腐になるので、とにかくまずは読んでみて下さい。

絶対に後悔はしません。

そして買いたくなることうけあいです。

私はそうでした!

 

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.