エンタメ 書評

【ブックレビュー】バビロン 2 ―死― (著:野崎まど)

更新日:

【作品情報】
 作品名:バビロン 2 ―死―
 著者:野崎まど
 ページ数:320
 ジャンル:エンタメ
 出版社:講談社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 容赦ない度 : ★★★★★★★★★☆
 こういう人におススメ! : 疾走感のある絶望に魅力を感じる

 

■作品について

自死の権利を認める「自殺法」宣言。
そして64人の大量同時自殺。
東京地検特捜部検事・正崎善(せいざき・ぜん)を筆頭に、法務省・検察庁・警視庁をまたいだ、機密捜査班が組織される。
しかし、“最悪の女”曲世愛がもたらすのはさらなる絶望であった。

■関連レビュー

【ブックレビュー】バビロン 1 ―女―(著:野崎まど)

【作品情報】  作品名:バビロン 1 ―女―  著者:野崎まど  ページ数:324  ジャンル:エンタメ  出版社:講談社  おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆  物語の急転度 : ★★★★★★★☆ ...

続きを見る

【ブックレビュー】バビロン 3 ―終―(著:野崎まど)

【作品情報】  作品名:バビロン 3 ―終―  著者:野崎まど  ページ数:352  ジャンル:エンタメ  出版社:講談社  おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆  実は終わらない度 : ★★★★★★ ...

続きを見る

■良かった点

ラスト何ページかを読んだとき。
「うわあああああああ、まじか!」
思わず内心でそんな風に思ってしまった。
主人公、正崎のよき相棒になってきっとシリーズを通して活躍するだろうと思った人物の思いがけない展開に、野崎まど、恐るべし。

なんだろう、決して読んでいて気持ちの良い作品ではない。
なぜなら曲世愛の行動が酷いから。
だというのに目が離せず、先へ先へを読み進めていってしまう。
これは作者の術中にはまっているのだろうな。

「死」、「絶望」をテーマというか、作品の中で書いているので、多くの人が死んで絶望していく。
主人公の正崎ですら死んでしまうのではないか? そんな風に思わされるくらいだ。
登場人物の人気とか、人気が出そうとか、そういうのは関係なく死ぬときは死ぬ。

もうなんだろう、絶望に向かって疾走していく感じがたまらない。
先に見えるのは絶望だと分かっているのに、足を止められない。
だから、早く続きを読みたい。

どんな絶望が待っているのかを確かめたくて。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

えーと、容赦ないです。
もうね、酷いよ(苦笑)

 

バビロン2 ―死― (講談社タイガ)

バビロン2 ー死ー【電子書籍】[ 野崎まど ]

価格:778円
(2019/3/16 09:50時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-エンタメ, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.