ミステリー 書評

【ブックレビュー】死亡フラグが立ちました! ~カレーde人類滅亡!? 殺人事件(著:七尾 与史)

更新日:

【作品情報】
 作品名:死亡フラグが立ちました! ~カレーde人類滅亡!? 殺人事件
 著者:七尾 与史
 ページ数:372
 ジャンル:ミステリー
 出版社:宝島社

 おススメ度 : ★★★★★☆☆☆☆☆
 B級度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 荒唐無稽なエンタメ作品でもいい

 

■作品について

前作、「死亡フラグが立ちました!」からの続編。
オカルト雑誌「アーバン・レジェンド」でライターとして働く陣内と、スーパーマン的本宮。
二人が今回立ち向かうのは、ネットで流れている「呪いの映像」
その映像に隠された人類滅亡計画。
果たして人類と、そして本宮の運命は?

■良かった点

陣内と本宮のコンビが今回立ち向かうのは、「呪い」である。
しかも、種も仕掛けも無い本当の「呪い」だ。
魔女の血を引く者が仕掛けた呪いの映像は、本当に人を呪い殺してしまう。
ミステリーと銘打たれているが、もはやミステリー要素は薄くてただのエンタメ作品ではなかろうか。
まあ、特に本格ミステリーを求めて手に取る作品ではなかろうから、別に良いのだけど。

とにかくアホなやり方でターゲットを殺そうとする「死神」。
死亡フラグが立ったことを教えてくれるアプリ。
人間離れした能力でホテルの壁を登りながら鷲と戦う本宮。

力を抜いて、とりあえず気楽に何も考えずに2時間映画を観るつもりで読むのが吉。
あと、タイトルにある「カレーde人類滅亡」はちょっと違うなぁ。
確かに途中でカレーネタが出てきて、しかもどうでもいいような部分なのにひたすらカレーにこだわって書いてはいたけれど、それは違うだろうと。
ていうか、もう確実にカレーは冷めているだろうし、埃とか塵とかで絶対に汚れていますよ、そのカレー!?

ただ、死亡フラグアラームは欲しい。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

別に荒唐無稽でも構わない。
呪いでも魔女でも魔法でも別に良い。
ただ、そのうえでちゃんとミステリーとして成り立たせてほしかったかなぁ。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.