書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ミステリー 書評

【ブックレビュー】あなたのための誘拐(著:知念実希人)

更新日:

【作品情報】
 作品名:あなたのための誘拐
 著者:知念実希人
 ページ数:408
 ジャンル:ミステリー
 出版社:祥伝社

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 どんでん返し度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 一気読み系のミステリーが読みたい

 

■作品について

かつて発生した女子中学生誘拐事件で、謎の犯罪者「ゲームマスター」に課されたゲームで失敗し、誘拐された女子中学生を死なせてしまった刑事の上原は、それたもとで職も家族も失ってしまった。
それから四年が経ったある日、再び「ゲームマスター」と名乗る誘拐犯が現れて女子高校生を誘拐する。
そしてその「ゲームマスター」ははなんと、上原を交渉役に指名してきた。
かつて失敗したことで気力を失っていた上原は、再び「ゲームマスター」との退治に燃え上がっていく。

■良かった点

医療ものを中心に書いている知念さんが、刑事ものというか誘拐ものを書いた。
その誘拐というのが一筋縄ではいかないもので、「ゲームマスター」とのゲーム。
しかも主人公の上原は四年前に同様の誘拐事件で失敗をしている。

果たしてゲームマスターの狙いは一体何なのか。
上原はかつての汚名を返上してゲームマスターを捕まえることが出来るのか。
ゲームマスターの正体は。
いかに誘拐を成功させるのか、またそれを防ぐのかというよりも、上原という男が執念を燃やしてゲームマスターを追いかけていくサスペンスという感じか。
読ませるという点では、物語が途中で2転、3転するので、果たしてどのような結末になるのか?
どういう展開になっていくのか、読んでいて先が気になって一気読みしてしまうものがある。
スピード感があり、読み手を止めさせてないだけのものはさすがというところ。

また、最後のオチというか、どんでん返しというかも、読んでいて「なるほど」と思わされる。
読み応えがあり、かつクセも少なくと多くの人に読みやすい、非常に一級のエンタテインメント作品に仕上がっている。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

ミステリーを読み慣れている人だと、犯人とかわかりやすいのかな?
まあ、そういうことを考えながら読むのもミステリーの楽しみですけどね。

 

あなたのための誘拐

新品価格
¥5,660から
(2019/6/20 10:40時点)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.