書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ミステリー 書評

【ブックレビュー】アリス・ザ・ワンダーキラー(著:早坂吝)

更新日:

【作品情報】
 作品名:アリス・ザ・ワンダーキラー
 著者:早坂 吝
 ページ数:272
 ジャンル:ミステリー
 出版社:光文社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 アリスワンダーランド度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 良い感じの謎解きを楽しみたい人

 

■作品について

名探偵の父に憧れ、自分も探偵を目指す少女アリス。
アリスの誕生日に彼女の前に現れた謎の男から、父親からのプレゼントだと与えられたのは、バーチャルリアリティーの世界での、不思議の国のアリスになぞらえた謎解きゲーム。
不思議な世界で5つの謎に挑戦するアリス。
そして、全ての謎を解き終えた後に彼女をまっていたものは?

■良かった点

不思議の国のアリスを題材にした作品って、多いですよね。
本作もそんなアリスを題材にしたミステリー。
とはいえ、アリスを知らなくても謎解きは問題なく楽しめます。

アリスに与えられる謎解きも、正統派というか、最初の方はパズル的な要素もあって、なかなか楽しめる。
ヒントはきちんとそれまでに出ていて、それらをもとに解いていく本格派。
不思議の国の不条理さもよく出ていて、さくさくと読み進めていくことが出来て、謎解きも理不尽というものではなく納得しつつ、読み手も一緒に考えられるようになっている。
早坂さんの作品は、前に読んだのがアレだったので、今回ももしかしたらと思ったのだが、そうではなかった。

不思議の国での謎解きは意外にさらさらっと進んでいくのだが、物語全体を包んでいる謎というか、アレはどういうことだろう? 

的な部分もきっちり最後に明かされて、5つの一つ一つの謎と、作品全体としての謎と、両面で楽しませてくれる。
エロ要素がなくてもきっちり面白い作品を書けるのではないかと思わせてくれた一作。
読みやすさもあり、本やミステリに慣れていない人が手に取るのにも良いのではないかと思えた。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

エロなしでいけるじゃないですか。
逆に、早坂さんの作品でそっち系の要素も期待していた人は、そういうのありませんから。

 

アリス・ザ・ワンダーキラー

新品価格
¥1,540から
(2019/12/21 15:40時点)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.