書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

エンタメ 書評

【ブックレビュー】ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ(著:虚淵玄)

更新日:

【作品情報】
 作品名:ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ
 著者:虚淵玄
 ページ数:320
 ジャンル:エンタメ
 出版社:小学館

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 原作の空気感の再限度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : ブラック・ラグーンのファン

■作品について

ロックこと岡島緑郎は、日本の商社マンだったが、南シナ海へ出張中に海賊まがいの運び屋“ラグーン商会”のメンツに誘拐された挙句に商会の一員になる。
血と硝煙の匂い漂う無法者の街ロアナプラを舞台に、新たなる騒動が巻き起こる。
完全オリジナルストーリーで描かれる、ブラックラグーンのノベライズ!

■良かった点

「ブラック・ラグーン」が小説家されていることは知っていたけれど、なかなか手に取る機会がなかった。
今回、ようやく読むことができた。
そもそも、あの世界をうまいこと小説化できるのか、という不安はあったけれど。
ノベライズしているのが「ファントム」の虚淵さんだから、大丈夫だろうと思った。
そしたら、その通りだった。

小説の中で見事なまでにブラックラグーンの世界が表現されている。
登場人物はもちろん、空気感というか、そういうものまで。
あくまで虚淵さんの世界ではあるけれど、違和感は感じられない。

ラグーン商会の面々が活躍するのはもちろんだけれど、バラライカ、張といったところが前面に出て活躍するのもファンにはうれしいところ。
バラライカはその存在感もあるし、今巻で登場した人物との関係性もあるし。
張は張で、やっぱり前線に出てきて弐丁拳銃で暴れまわってくれるのがうれしい。
嬉々として戦うさまが目に浮かび、張が出てきちゃうとさすがのレヴィも霞むってもんです。

虚淵さんが多分、好きにやりまくっているので、ちょっと遊びの部分はあるけれど。
何がって、もちろんニンジャね。
あれはさすがにどうかというところもあるけれど、まあ良いでしょう。

ノベライズに不安を持っていた人も、安心して手に取ることができますよ!

■ここが改善できるともっとよかったかも?

ニンジャとかレヴィのSM常は少しやりすぎ感もあるけれど、まあSMも原作であったしなぁ。
ということで楽しめました。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-エンタメ, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.