書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

ミステリー 書評

【ブックレビュー】転がる検事に苔むさず(著:直島翔)

更新日:

【作品情報】
 作品名:転がる検事に苔むさず
 著者:直島 翔
 ページ数:320
 ジャンル:ミステリー
 出版社:小学館

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 検察の捜査を知れる度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 検事モノがすき

■作品について

夏の夜、若い男が鉄道の高架から転落し、猛スピードで走る車に衝突した。
自殺か、他殺か。
戸惑う所轄署の刑事課長は、飲み仲間である検事・久我周平に手助けしてほしいと相談を持ちかける。
自殺の線で遺書探しに専念するが、このセールスマンの周辺には灰色の影がちらついた。
ペーパーカンパニーを利用した輸入外車取引、ロッカーから見つかった麻薬と現金――死んだ男は何者なのか。
交番巡査、新人の女性検事とともに真相に迫る。

■良かった点

検事を主役に据えた作品です。
検察庁内の派閥争いの中で、冷遇を受けているけれど力のある検事の久我。
久我のもとで学んでいる新人の倉沢。
事件に関与してともに事件解決に向けて動く警察官の有沢。
主にこの3人を主として物語は動いていく。

一人の遺体がみつかったことから、地道な捜査でその事件の背景や、関係者たち含めた過去のことなどが浮かび上がってくる。
そこをじりじりと読み進ませていく筆致はなかなか。
主人公の久我は既に良い年をしているわけで、淡々としている感じではあるが熱がないわけではない。
じっくりと獲物に近づいていく感じではあるけれど、肩の力も抜けている、そんなバランス感がなかなか。
そこに、事件をかきまわすというか、空回り感はあるけれど若くて勢いのある倉沢がいて。
貧乏くじを引きがちだけど真面目で実直な有沢がいて。
そんな3人のバランスもちょうど良いのかもしれない。

文章自体も読みやすく、物語展開やキャラクターの良さもあって、ラストまで一気に読み進められる。
待ち受ける真相は悲しいものではあったけれど、真実が隠されたままよりは良いのだろう。

続編もあるということらしいので、そこでどのような形になっているのか、また読みたいと思わせるだけのものはある作品。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

作者さんのデビュー作ということもあるのか、物語の転換というか、視点の転換というかが、イマイチなところも見受けられる。
あと、新人検事の倉沢の考えなしの行動は、読んでいてちょっとばかしイラつかせられた。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.