書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

エンタメ 書評

【ブックレビュー】現実でラブコメできないとだれが決めた?(著:初鹿野 創)

更新日:

【作品情報】
 作品名:現実でラブコメできないとだれが決めた?
 著者:初鹿野 創
 ページ数:343
 ジャンル:エンタメ
 出版社:小学館

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 メタ度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : ラブコメ好きだけど、ただのラブコメじゃないものが好き

 

■作品について

高校生になった長坂耕平には大きな目標があった。
それは、可愛い女の子とイチャラブしたり、最高の友人達と充実した学園生活を送ったり。
そう、ラノベのラブコメのような高校生活を送ること!

だけど現実でそんなうまくいくはずもなく。
耕平には義理の妹も、幼馴染も、現役アイドルなクラスメイトもミステリアスな先輩も、それどころか男の親友もいない。
ならば、どうするか。
自分でラノベのようなラブコメを創り出せばよい!

こうして耕平の、現実をラブコメ色に染める奮闘が始まった!

■良かった点

ラノベには沢山のラブコメ作品があるわけで。

そういうラブコメでは、

  • 可愛い幼馴染がいたり。
  • 自分を慕う義理の妹がいたり。
  • ツンデレな同級生がいたり。
  • ミステリアスな先輩がいたり。
  • 男の親友キャラがいたり

学園生活をこれでもかと楽しませてくれるような人たちが主人公の周りには沢山いるわけで。

そんな楽しいイチャラブできるラブコメ学園生活を望む長坂耕平
現実には誰一人知り合いのいない高校に入学し、そんなことが都合よくあるわけがない。
ならば、自分で創り上げてしまおうというのがこの作品のキモ。
どうやって作り上げようかというと、耕平が実施するのはとにかく情報を集め、データ分析し、シチュエーションを想像して反復練習をすること!
その情熱たるや、まさに馬鹿野郎と言いたくなる以外の何物でもない。

言ってしまえば、ラブコメという作品を扱ったメタなラブコメなラノベというわけである。

主要な女の子キャラクターは、この巻では二人。
メインヒロイン候補の清里芽衣。
本当にこんな子いるんかい!? と言いたくなるようなヒロイン属性を持った女の子。

そして耕平の「ラブコメ計画」を知ったことで共犯者となった上野原綾乃。
なんでもソツなくこなせるクールビューティ(?)

この巻は登場人物紹介的な、おそらくプロローグ的な段階。
だから、登場人物同士の関係性も大きく動くわけではない。
それでも読ませてくれるのは、設定が活きていて、それをうまく物語として読ませてくれるから。
単にイチャコラするだけではなく、耕平の考え方をもとに、最後ではうまいこと伏線回収的な流れに持っていき、落としてくれる。
更に、その後の意外な展開。

1つの話として楽しませてくれて、そこから次にどうなるの? と思わせるヒキ。
1巻としては申し分ないのでは。
まだこれから活躍するであろうキャラクターも今巻では顔見せな登場だけなので、テンプレ的なキャラなのか、はたまた意表をついてくるのか。
そんなところも楽しみにしたい。

 

■ここが改善できるともっとよかったかも?

ラストに「おお」と思わせる展開が待っているわけだが。
その続きはこの巻では読めないのは仕方ない。
またこの巻では登場したけれどあまり見せ場の無いキャラには次巻以降に期待ということで。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-エンタメ, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.