書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

ミステリー 書評

【ブックレビュー】ひまわりの祝祭(著:藤原伊織)

更新日:

【作品情報】
 作品名:ひまわりの祝祭
 著者:藤原伊織
 ページ数:544
 ジャンル:ミステリー
 出版社:講談社

 おススメ度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 ハードボイルド度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 哀愁漂うミステリーを読みたい

■作品について

自殺した妻は妊娠を隠していた。
何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。
ヤクザ、闇の大物、昔の会社のスポンサー筋などの影がちらつく中、キーワードはゴッホの「ひまわり」だと気づくが……。

■良かった点

ゴッホの幻の「ひまわり」をめぐる美術ミステリー。

・・・うわ、滅茶苦茶久しぶりに藤原さんの作品読んだ!
なぜかいきなり、藤原さんの本を読もう!
てな気になったもので。

本作はハードボイルド、になるのか?
主人公は、妻の自殺を機に引きこもり生活に入っているデザイナーの秋山。
学生時代は美術の方面で名を売り、その後はデザイナーとして売れっ子でもあったが、最大の理解者であった妻を失いやる気のない男に。
そんな秋山に突然降りかかってきたような騒動。
きっかけは、かつての同僚が訪れてきて、500万円を捨てたいので協力して欲しい、という妙な依頼から。
そこからカジノ、ヤクザ、妻に似た女、等々、怪しげな出会いが続き。
それは、ゴッホの「ひまわり」を中心に動いていた。

様々な人間がそれぞれの思惑をもって動く。
登場人物たちも妙な味わいを持っており、中盤以降の動きはなかなか読ませてくれる。
秋山は頭が良いというか、キレるんだな。。。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

序盤がなぁ・・・
なんというか読みづらいというか、主人公に魅力を感じられなかった。
あと、彼女の行動が理解できなかった・・・

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-ミステリー, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.