書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

漫画等の紹介・考察

ストーリーも画力も高い「魔都精兵のスレイブ」1-3巻の感想!Hな要素抜きでも面白い

更新日:

こんにちは、神門です。

バトルあり、成長あり、お色気要素あり、というのはある意味王道であり人気も出ます。

今回はそんな作品の中で今イチバン期待大の作品!

「魔都精兵のスレイブ」の1-3巻をまとめ読みしましたので、その感想です!

 

作品情報

作品名 魔都精兵のスレイブ
著者 原作:タカヒロ/漫画:竹村洋平
出版社 集英社
紹介対象の巻 1-3巻
ジャンル 燃えと萌えの王道バトル

 

作品の感想

物語は、異空間『魔都』が出現するようになった日本が舞台です。

魔都に存在する『桃』が女性にのみ特異な能力をもたらすことにより、『魔防隊』と呼ばれる女性兵が組織されました。
これにより、圧倒的に女性が強い力を保有し、男性は女性の下につくような状況となります。
主人公は鬱屈した人生を過ごしている男子高校生・和倉 優希です。

突然現れた魔都

「魔都精兵のスレイブ」 1巻  竹村洋平/集英社より 引用

 

ある日優希は、突発的に発生した魔都の入り口へと迷い込んでしまいます。
魔都で魔物に襲われる優希を助けたのが『魔防隊』七番組の美しき組長・羽前 京香でした。

羽前 京香は優希を「奴隷」として契約することで優希の力を使用し、魔物と戦います。
優希の力の有用性を認めた京香につれられ、優希は七番組の女性達が暮らす家の管理人、兼、奴隷として魔都で暮らすことになるのでした。

いきなりの奴隷宣言!

「魔都精兵のスレイブ」 1巻  竹村洋平/集英社より 引用

 

そんな本作、色々と美味しいところを抑えており読み応えバッチリ!

  • なんの変哲もない男子高校生が力を認められて魔物と戦うように
  • 周囲は可愛い女の子ばかりのハーレム展開!
  • もちろん女の子は、お姉さま、ツンデレ、元気系、ロリ、などなど色々なタイプをとりおさえ
  • 戦う中で優希も女の子達も成長
  • 戦った後にはちょっとエッチなご褒美

燃えてよし、萌えてよしの、お手本のような作品です。

七番隊の面々。体調の京香も含めて美少女ばかり!

 

「魔都精兵のスレイブ」 1巻  竹村洋平/集英社より 引用

 

特に良いのが、奴隷の力を使用した後は、その活躍に応じた「ご褒美」を与えなければいけないこと。
これは能力に対する代償であり、強制的に行われます。

「魔都精兵のスレイブ」 1巻  竹村洋平/集英社より 引用

で、若い男子高校生の優希が、可愛い女の子達に臨むご褒美といえば。
そう、エッチなことです。
優希が思っていたこと、望んでいたことが強制的に実現され、京香は決して拒否することが出来ません。

それはキスから始まり、パンチラであったり、色々なシチュエーションが展開されます。

こんな美味しい「ご褒美」が!

「魔都精兵のスレイブ」 1巻  竹村洋平/集英社より 引用

何を望んでいるんだ優希!

と言いたくなるが、分からなくもないぞ(笑)

望んではいないけれど優希の力は必要、だからいやいやでもご褒美を与える。
そんな京香達の表情とご褒美のギャップがたまらないですね。

 

3巻では、交流戦の1,2試合目が決着。

日万凛と八千穂の姉妹対決!

第二試合は朱々VSサハラのパワー対決!

「魔都精兵のスレイブ」 3巻  竹村洋平/集英社より 引用

 

さらに新たな敵が出現してのバトル。
ここでは、六番組の隊長・天花の実力も分かり、さらには天花が優希に迫ってきたりと、そっち方向でも気になる展開に。

天花さんの実力と、そして意外な行動!?

「魔都精兵のスレイブ」 3巻  竹村洋平/集英社より 引用

恋愛要素も一気に展開するのか?

気になる所です。

 

エッチ要素を抜きにしても、ストーリー、画力共に高くて楽しめます。
そこに可愛い女の子のエッチな要素が加わるのですから、素晴らしい。
このエッチな要素も、下品にならない、そういう内容なのが良いです。

非常に先が楽しみでイチオシの作品です!

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.