書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

ミステリー 書評

【ブックレビュー】女が死んでいる(著:貫井徳郎)

更新日:

【作品情報】
 作品名:女が死んでいる
 著者:貫井徳郎
 ページ数:384
 ジャンル:ミステリー
 出版社:KADOKAWA

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 どんでん返し度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 こういう人におススメ! : 良いレベルのミステリ短編集が読みたい

■作品について

二日酔いで目覚めた朝、寝室の床に見覚えのない女の死体があった。
しかも、玄関には鍵がかかっている。
まさか、自分が殺してしまったのか?
手帳に残されていた住所を頼りに、真犯人を探しに向かうが・・・

など、7編を収録した短編集。

■良かった点

貫井さんの短編集。
ミステリーであり貫井さんであり、それぞれラストには、読んでいて思っていたことをひっくり返されるような仕掛けが?
滅茶苦茶凄いというわけではないかもしれませんが、ちゃんとレベルを揃えてくるのはさすがというところ。
表題作はタイトルの通り。
朝起きたら知らない女が部屋で死んでいて、部屋には鍵がかかっている。
女の胸にはナイフが刺さり、どう考えても誰かに殺されたとしか思えない。
一体、昨夜に何が?
ということで主人公が事件の真実を追っていく。

他にも色々と短編が入っているわけだが、浮気とか児童虐待とか、内容的には重いものが多い。
だけどそこまで重く感じさせない気がするのは、短編で短いからかな?
なので、読んで結末がわかっても明るい気分になれる作品は少ない。
のは、貫井さんの作品だから、そりゃそうだ!

そんな中で最後の「レッツゴー」だけ毛色が違う。
タイトル通り、最後には「レッツゴー」という気になるというか、主人公がそういう気持ちを出してきて、前向きに終われる感じになっている。
これを最後に持ってきたのは、やはりそういう意図があってかな?

他の作品を読んでから「レッツゴー」を読んで終えるのと、「レッツゴー」が途中にあって他の作品で読み終えるのでは、この一冊の本として読み終えた時の読後感が全然違う。

全体的に重いテーマでも、なんか前向きに読み終えられる方が精神的には良いですよね。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

貫井さんらしく、「レッツゴー」以外は後味の良さとか爽やかさとかはありませんよ。
それは分かって読みましょう。

 

応援クリックいただけると幸いです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.