「ギャグ・その他」 一覧

スポンサーリンク

【マリみてSS(可南子・菜々・祐麒)】とらんす! 1.変化する!?

   女の子の体は神秘に満ちている。  その柔らかそうで、男にはない丸みを帯びていて、触ったらとても気持ちよさそうで、色々と見てみたい、感じてみたいと思うのは、年頃の、いや年頃でなくても男な ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 4

 「ぱられる4  煌めく時に捕われた?」   GWも終わり、一年で最初の中間テストの背中が見え始めた頃。だが生徒達は、先のテストのことよりも、目の前の小さな幸せを手に入れることを優先してしまいがちだ。 ...

【マリみてSS(桂さん)】たとえ「それ」は見えなくても <エピローグ>

~ たとえ「それ」は見えなくても ~<エピローグ>  待ちに待ったお昼休み。  お年頃の乙女達も、このときばかりは色気より食い気とばかりの勢いで食事に向かう。お弁当を持って気の合う仲間と机を寄せて食べ ...

【マリみてSS(桂さん)】たとえ「それ」は見えなくても <後編>

~ たとえ「それ」は見えなくても ~<後編>  食事を終え、次に向かったのはカラオケボックス。これも、思いっきり歌いたいという桂さんからのリクエストで、一時間半ほど熱唱(絶叫?)した。桂さんは流行の歌 ...

【マリみてSS(桂さん)】たとえ「それ」は見えなくても <中編>

~ たとえ「それ」は見えなくても ~<中編>  K駅の改札口前で、祐麒は待ち人の姿を探していた。時計を見ると、約束の時間ちょうど。もう、来ていてもおかしくはない。  しかし、いくら見回しても、その姿は ...

【マリみてSS(桂さん)】たとえ「それ」は見えなくても <前編>

~ たとえ「それ」は見えなくても ~<前編> 「るんるんるん」  秋も深まり、学園祭の準備期間に突入したリリアン女学園高等部校舎内を、桂は一人、弾む足取りで歩んでいた。  この時期、どのクラスも学園祭 ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 3

 「ぱられる3  声にならないほど愛しい?」   4月も後半になると、新入生も大分、学園での生活に慣れてくる。もっとも二年生になるとそんな初々しさなどどこにもなく、自由に学園内を闊歩する様があちらこち ...

【マリみてSS(加東景)】加東景の煩悶

~ 加東景の煩悶 ~  その人と街中で出会ったのは本当に偶然だった。以前、一度会ったことがあるだけだけど、よく覚えていた。  前・黄薔薇さま。名前は……ええと、たしか神社みたいな……そうそう、鳥居さん ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 2

~ ぱられる! ~    「ぱられる2  あの素晴らしいお約束を二度三度」   心地よいまどろみの中、祐麒は二度寝を堪能していた。すでに、けたたましく鳴る目覚まし時計の活動は停止している。「 ...

【マリみてSS(乃梨子)】二条乃梨子は眠れない

~ 二条乃梨子は眠れない ~  それは、中学時代の友人と久しぶりに会っているときのことだった。  場所は、駅前のファーストフード。リリアン女学園に通っているといっても、乃梨子はまったくの庶民、友達とお ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.