書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

漫画等の紹介・考察

漫画『娘の友達』2巻の感想。古都の過程の歪さも分かってきて、美也も動き出し、さあどうなる?

投稿日:

こんにちは、神門です。

背徳感のあるストーリーって、なんかそれだけで引き込まれるところがあります。

このさきいったいどうなるんだろう・・・的な。

そんな背徳感がすさまじい「娘の友達」の2巻を読みしましたので、その感想です!

 

作品情報

娘の友達(2) (モーニングコミックス)

作品名 娘の友達
著者 原作:萩原 あさ美
出版社 講談社
紹介対象の巻 2巻
ジャンル 背徳的なサスペンス

 

作品の感想

主人公の晃介は、家庭では父親として、会社では係長として“理想的な自分”を演じるように生きてきた。
そんな晃介が娘の友達である少女・古都と出会うことで人生が一変します。

一巻では、古都に導かれるまま会社をさぼり、夕飯を一緒に食べるという娘との約束も破り、二人で漫画喫茶に。
果たして晃介はこれからどうなるのか?

娘の友達である古都に抱いてしまう感情とは・・・

 

「娘の友達」 2巻  萩原あさ美/講談社より 引用

 

会社に疲れたおっさんがJKにほっこり癒されるような話ではない。

古都という少女に翻弄される晃介。
だけど、それによって少しずつ気付かされることもある。

自分がいかに無理をしていたのか。
また、直面せずに逃げ出していたこと。
娘の美也との関係。

仕事と偽って朝に帰ってきた晃介に、娘の美也から胸を刺す一言

 

「娘の友達」 2巻  萩原あさ美/講談社より 引用

 

一方で古都の方も、なぜ晃介のようなおっさんを誘惑するようなことをするのか、その事情が少しずつわかってくる。
母親との関係。
明らかに、まともではない家庭。

朝帰りした娘に土下座させる母親。歪んだ家庭。

 

「娘の友達」 2巻  萩原あさ美/講談社より 引用

 

お互いに何かを求めている。
何かが欠けている。
それを埋め合わせるかのように、出会ってしまった二人。
幸せな結末など決して見えないが、どうなってしまうのか。

二巻の終わりでは、娘の美也に、とうとう晃介と古都の関係を疑われる。
幸せになって欲しいのに、幸せになれるのだろうか?
不安というか、物語全体から伝わってくる不安定さが凄い。

とうとう美也が疑いを持って

「娘の友達」 2巻  萩原あさ美/講談社より 引用

そして何よりこの作品の魅力は、古都が醸し出す小悪魔的な妖艶さだろう。

あからさまなものではない。
その表情、仕種、言葉、目つき、清純そうでいて妖艶。
コマから滲み出てくるエッチなオーラが凄い。
でも、なんかエロとは違う。

なんというか、おやじをコロッといかせる純なエッチな空気とでもいうか・・・

「娘の友達」 2巻  萩原あさ美/講談社より 引用

 

こんな女の子に迫られたら、おじさんはヤバいかもしれませんね。

先が楽しみでありながら怖くもある、でも気になって仕方ない。

そんな作品でございます。

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.