書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ミステリー 書評

【ブックレビュー】早朝始発の殺風景(著:青崎有吾)

更新日:

【作品情報】
 作品名:早朝始発の殺風景
 著者:青崎 有吾
 ページ数:208
 ジャンル:ミステリー
 出版社:集英社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 殺風景が良い感じ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : ちょっと青春を感じさせるミステリー好き

 

■作品について

始発の電車で、放課後のファミレスで、観覧車のゴンドラの中で。
様々な高校生達が、会話を通してちょっとした謎を解いていく、日常の謎解きミステリー。
甘酸っぱいような、切ないような、それでいてやっぱり楽しい。
そんな高校生達を描いた5編+エピローグ。

■良かった点

高校生達が、会話の中からちょっとした違和感を覚えたり、引っかかったりして、そこから更に会話などを続けてその「謎」を解くという、日常の謎系な短編集。

「早朝始発の殺風景」
タイトルの意味、そういうことかい!
と、読み始めて思うことうけあい。
それはそれとして、始発の電車に乗り、目的地に着くまでの間の謎解き合戦。
彼女がスマホのメモ帳に残していたい内容ってなんだっけ・・・・と思って読み返してみて、ちょっとゾッとする。
そういう余韻は嫌いじゃない。

「メロンソーダ・ファクトリー」
ファミレスでだべる女子高校生三人組。
文化祭で着るクラスTシャツのデザインを決めなくてはならないが、コレだと思うデザインを出した真田に対し、幼馴染の詩子が珍しく反対した。
なぜ、どうして?
を探るミステリー。
これが一番好き。
謎も良いけれど、三人の関係性が良いな。
何気に百合を想像させる。

他の3本も、高校生を主にしており、殺伐としないミステリーを楽しめる。
が、最初の一本と、エピローグで語られる内容は、果たしてどのようなことだったのか想像させられる。
そういうのも、悪くない。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

物凄く刺激があるとか、カタルシスがあるとかではない。
日常系だからそんなもんかもしれないけれど。

 

早朝始発の殺風景 (集英社文芸単行本)

早朝始発の殺風景【電子書籍】[ 青崎有吾 ]

価格:1,566円
(2019/8/11 09:59時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.