ミステリー 書評

【ブックレビュー】先生、大事なものが盗まれました(著:北山猛邦)

更新日:

【作品情報】
 作品名:先生、大事なものが盗まれました
 著者:北山 猛邦
 ページ数:272
 ジャンル:ミステリー
 出版社:講談社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 設定の意外性度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : ライトなミステリーを楽しみたい

 

■作品について

愛や勇気など、形のないものまで盗む伝説の怪盗・フェレス。
灯台守高校に入学した雪子は、探偵高校と怪盗高校の幼馴染みとともに捜査に乗り出す。
「何が(What?)盗まれたか?」を描くという、一風変わったミステリー!

■良かった点

ミステリーでは「どうやって?」、「誰が?」、「なぜ?」そういったところに焦点があたるのが多い。
ところが本作では「何が?」である。
何が盗まれたのかが分からない、それを高校生探偵+教師というカルテットで解き明かしていくという、ちょっと変わったミステリーである。
しかも盗まれたものというのも、目には見えないモノであったりする。
もしかしたら、まずは設定から作り出した作品なのかもしれないが、北山先生はそういう傾向あるよなと思わなくもない。

探偵は、女の子を中心に、幼馴染の男の子二人というのは定番という感じがする。
そこに、謎の先生が加わって・・・・これも、学園ものとしては良いバランス。
狭い、閉鎖された島は独特の雰囲気が漂っていて、登場人物達とも合っている。
ミステリーではあるけれど殺人などではなく殺伐としていないし、肩の力を抜いて読むことが出来る。

盗むモノが盗むモノだけに、ファンタジーでもあるけれど、世界観的には壊れていないと感じさせるのは、舞台設定や登場人物がうまくはまっているからだろう。
ヨサリ先生の過去とか、怪盗とか、まだまだ明かされていない謎がある。
続くということなので、この先を待ってみたいところだ。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

ファンタジーであるので、本格ミステリを期待している人はどう思うだろうか?

 

先生、大事なものが盗まれました【電子書籍】[ 北山猛邦 ]

価格:745円
(2019/3/9 11:08時点)
感想(0件)

先生、大事なものが盗まれました (講談社タイガ)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.