SF ミステリー 書評

【ブックレビュー】君と時計と雛の嘘 第四幕(著:綾崎 隼)

更新日:

【作品情報】
 作品名:君と時計と雛の嘘 第四幕
 著者:綾崎 隼
 ページ数:352ページ
 ジャンル:SF・ミステリー
 出版社: 講談社

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 大団円度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 前の巻まで読んできた人

 

■作品について

何度も何度も好きな人の死を目にして、過去に飛ばされ、やってきた「最後のループ」
ここを逃したらもう戻ることはできない。
そんな崖っぷちの世界だというのに、最も頼りになる千歳がいなくなってしまった。
時間遡行を断ち切るためには残酷な決断をする必要がある。
果たして、綜士達の選んだ結末は・・・・?

■関連レビュー
「君と時計と嘘の塔 第一幕」
「君と時計と塔の雨 第二幕」
「君と時計と雨の雛 第三幕」

■良かった点

これまで三巻に渡って続いてきた悲劇、タイムリープもいよいよ今巻で完結する。
詰んでいるとしか思えない三人のタイムリーパーとそのループする原因。
頼りになる千歳の消失。
そんな状況でいかにしてタイムリープを終わらせるのか?

絶望的な状況の中で希望の光を与えてくれたのは、やはり千歳だった。
だがその希望の光は、残酷なものでもある。
皆を生かすためには一人を犠牲にしなければならない、要はそういうことである。
大勢が助かるとしても、犠牲になる一人はたまったものではない。だけど、それが最適解。
自分がこの立場にいたら選択できるかというと、自信は無い。

彼らが最終的に行った決断、そしてそこから辿り着いたラストは大団円、といえるのかどうかは微妙なところではあるが、切ないハッピーエンドといえる。

そしてタイトル通りに分かる、「雛の嘘」
彼女は何を思い、何の嘘をついてきたのか。
この巻で語られた「プロローグ」こそが全ての始まりであり、全てを持っていってしまう感じ。ここから一巻につながるわけで、物語自体も円環なのである。
タイムリープを題材にしたSFミステリーでありつつ、後半の三巻・四巻で切ない恋愛要素を大きく絡め、でもそれをうまいこと消化している。
時間モノのSF、作品は色々あるけれど、ミステリー要素を強めにしつつ少し角度を変えたタイムリープ作品として成功したといえるだろう。<br>
四巻というそれなりの長さの物語であるが、どの巻でも次を読ませたくなる展開、幕引きを見せて、一気に読ませてくれる流れはとても良かった。

ラノベ的ではあるが、それ故に文章も読みやすく四巻とボリュームはあるように思えるが最初から最後までスピード感を持って読み進めることが出来る。

時間ものが好きならお薦めだ。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

やっぱり、雛美がね。
切ないね。

 

君と時計と雛の嘘 第四幕【電子書籍】[ 綾崎隼 ]

価格:810円
(2018/11/17 09:48時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。