書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ミステリー 書評 未分類

【ブックレビュー】いのちの人形(著:横関大)

更新日:

【作品情報】
 作品名:いのちの人形
 著者:横関大
 ページ数:304
 ジャンル:ミステリー
 出版社:KADOKAWA

 おススメ度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 もやっとする度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 こういう人におススメ! : 手軽に読める作品を探している

 

■作品について

世田谷で発生した殺人事件で、なぜか警察が捜査をすること無く遺体が謎の組織「ドールズ」に回収されてしまう。
厚労省の団体ということで感染症疑いかとも思われたが、不審に感じた刑事の川村が事件を追いかける。
事件を追いかけるうちに明らかになっていく、国が隠してきた事実。
運命を狂わされた人間の物語。

■良かった点

国家機密に絡んだ殺人事件が発生。
それに巻き込まれたのは過去に失敗した刑事と、SEから転身したサイバー犯罪捜査官。
その国家機密というのはクローン。
こういった気になるようなキーワードで構成された本書。
内容的には重い話なのだが、横関さんの筆致だけにその重さを感じさせずにすいすいと読み進めることが出来る。

もしもクローン人間がいたら、はたしてオリジナルと同じ人間に育つのか。
オリジナルが稀有な才能を保持していたとしたら、同じような才能が開花するのか?
これは気になる点である。

まあ、サイバー捜査官たちがあんな簡単に捜索対象者を見つけてしまったり、SEの人に対する感想とか、ちょっとその辺どうなのよと思う所もあるが、そういうのを本気で落とし込む作品でもない。
テーマは重くとも、気楽に読める本である。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

国家機密とはいえ、暴かれたら本当にまずいのか? というのはなかなか肌感覚ではわからないですよね。
そして最後の、あの男って、誰?

 

いのちの人形 (角川書店単行本)

いのちの人形【電子書籍】[ 横関 大 ]

価格:1,760円
(2019/11/9 13:24時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評, 未分類
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.