ミステリー 書評

【ブックレビュー】ルパンの帰還(著:横関大)

更新日:

【作品情報】
 作品名:ルパンの帰還
 著者:横関大
 ページ数:384
 ジャンル:ミステリー
 出版社:講談社

 おススメ度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 読みやすい度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 悩まずエンタメ作品を楽しみたい

 

■作品について

泥棒一家のに生まれた娘と、警察一家に生まれた息子。
二人は出会い、恋をして、色々あったが一緒になることが出来て娘まで生まれた。
前作「ルパンの娘」から数年後のそんな世界で、新たな事件が勃発して巻き込まれることに。
その裏には何かありそうで・・・・?

■良かった点

泥棒一家である三雲家と警察一家である桜庭家、絶対に合うはずのない双方が出会ってしまった前作。
さて続編としてどうするのかと思いきや、新たな主人公を登場させてきた。
こちらは探偵一家の娘さん。
新人刑事として和馬の下についた彼女は、探偵一家の娘である能力を活かして事件を解決に導いていく。

いくら名探偵の血を引いているからといって優秀すぎないかとか、泥棒一家がなんでも出来すぎないかとか色々あるけれど、エンタメ作品なのでそれはそれ。
横関さんの筆致なので、読みやすく一気に最後まで行けてしまう。

今巻では三雲華と娘の杏が色々と事件に巻き込まれるのだが、その事件の裏にはまた違った思惑があり。
どうやら三雲家の問題に絡んでくる模様。
なのだが今巻ではちょっと登場させて匂わせるだけ。
続編をお楽しみに、という作りはちょっとどうなのよと思わなくもないが・・・・

果たして三雲家と桜庭家はどうなるのか。
華とあの人の関係性は?
まだまだ気になることばかり。

さてさてどうなるかは、続編をお読みくださいと言うところ。
ちょっとずるい。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

横関さんの作品といえば複数視点で物語が進み、最後には全てが一点に集まり見事に終わる。
そういう構成の上手さがあったのだが、今作ではそういうのが感じられず残念。
ドラマ化されたから、それにあわせて無理に続編を書いた感を受けてしまった。
なんとなく、流れていくような感じで、なんとなく終わってしまった。

 

ルパンの帰還 ルパンの娘 (講談社文庫)

ルパンの帰還【電子書籍】[ 横関大 ]

価格:814円
(2019/10/12 13:47時点)
感想(2件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.