書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

『月刊少女野崎くん』13巻の感想!堀先輩と御子柴、若松と結月の関係がついに?ギャグの高品質を保ったまま13巻!

更新日:

 

こんにちは、神門です。

ギャグ漫画を作るのって絶対に大変ですよね。

ストーリーモノと違って一話完結が殆どですし、となると毎回ギャグを考えなければいけないわけで。

そんなギャグマンガで今一番面白い、笑える漫画と思っているのが椿いずみ先生の『月刊少女野崎くん』です!

13巻が発売されましたので、感想です!

 

作品情報

作品名 月刊少女野崎くん
著者 椿いずみ
出版社 スクウェア・エニックス
紹介対象の巻 13巻
ジャンル コメディ

 

作品の感想

12巻までの間に人間関係も進展・・・しているのか?

というような作品ですが、この13巻では大きな進展があります!

野崎くんのアシスタントをしている面々の中で、実はお互いを知らなかった人がいます。

それが、堀先輩と御子柴です。

互いに背景担当、花担当がいることは知っているけれど、それが誰だかは知らなかった二人。

そんな二人が、ついにお互いのことを・・・?

その、知ることになるきっかけがアホすぎる・・・!

さすがギャグ漫画!

てゆうか、アシスタントとして手伝っているのに、そこまで時間が重ならないというのも大したもんですけれどね。

お互いに同時に知るのではなく、時間差で知り、知った後の反応とか、見てみてください!

まあ、知ったところで関係性が大きく変化するわけでもないですし!(男同士だし)

背景の人を知りたく、佐倉にヒントをもらう御子柴だが・・・

「月刊少女野崎くん」 13巻  椿いずみ/スクウェア・エニックスより 引用

 

正体を知るといえばもう一つ。

若松くんとローレライこと瀬尾結月。

今までローレライの正体を知らなかった若松が、この巻でついにローレライの正体を・・・!?

こちらの場合、なんといっても男女の仲!

そして若松はローレライに片思いしており、結月は結月で若のことはお気に入り。

大好きなローレライが結月だと知った時の若松の反応は・・・!?

 

って、ラブにはならんのか、ギャグマンガだから!?

いやいや、きっとこれからロマンスに発展していくんですよ。

ギャグロマンスに・・・

でも、関係性は確実に進歩しているはず!?

とうとうローレライの正体を知ることになる・・・?

「月刊少女野崎くん」 13巻  椿いずみ/スクウェア・エニックスより 引用

 

しかし椿先生、ギャグのレベルを落とさずによく書き続けられますよね。。。!!

今巻であれば、堀先輩と御子柴、結月と若松という関係性を多く描きつつ、そうでないものも当然入れ込んでいるわけで。

例えばメリーバッドエンドのネタ(メリーバッドエンド、っていうんですね。知りませんでした)

ゲーム好きの御子柴から始まり、野崎や佐倉の考えるメリーバッドエンドときたら。。。

笑いを取りにいっているだけなのか!?

いや、ギャグマンガだから笑いを取りに行っているのでしょうけれど。

 

あと今巻では何気に、佐倉のクラスメイト達も目立つ回(調理実習回)があって。

なんだかんだ、クラスメイトもキャラ濃いな!

と思わせてくれます。

こういうメインではないキャラクター達でも、笑いで輝かせてくれる椿先生って凄い!

今後も、何気ないところで活躍させてほしいです。

クラスメイトも濃い!

「月刊少女野崎くん」 13巻  椿いずみ/スクウェア・エニックスより 引用

 

ギャグ漫画って長く続けるの大変なのに、13巻になってもクォリティの高い笑いの絶えない作品です!

1年に1冊というのが長く待ち遠しいですが、だからこそクォリティが保てているのかも?

とりあえず、ラブ要素は少な目で、ギャグメインでお願いします!

って、今もそうですけどね!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.