書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

期待の一作「魔都精兵のスレイブ」4巻の感想!物語が更に動き出す。

更新日:

 

こんにちは、神門です。

美人で強い女の子達に囲まれて、ちょっと、どころかかなりエッチなことが満載な毎日。

男子なら夢みてしまうようなそんなこと、あるわけがない!

いや、あるんです。

主人公がそんな状況の中にいる、「魔都精兵のスレイブ」の4巻読んだので感想です。

 

作品情報

作品名 魔都精兵のスレイブ
著者 原作:タカヒロ/漫画:竹村洋平
出版社 集英社
紹介対象の巻 4巻
ジャンル ちょっとHなアクションファンタジー

 

作品の感想

 

3巻の終わりで、六番組の隊長・天花からまさかの告白を受けた優希。

どんな答えをするのかと思いましたが・・・・まあここは、ある意味想定通りの結果でした。

これは、優希をめぐる女の子達の気持ちを動かすために出してきたのでしょう。

もちろん、天花もこれからガンガンくるのかもしれませんが。

 

この4巻は、やや繋ぎの巻のようにも思えました。

京香の能力、『無窮の鎖』を他の隊員にも貸し出しするということで、それまで試してみていなかった寧と朱々で優希がどのような形態になるかを試行したりとか。

戦闘要員ではないためバトルではあまり出番のなかったのことについて語ったりとか。

優希と姉の過去のエピソードについてを思い出したりとか。

そういう感じで感の序盤は進みます。

「魔都精兵のスレイブ」 4巻  竹村洋平/集英社より 引用

 

大きく動き出すのは中盤から。

魔都に遭難者がいるという情報を得て助けに向かった七番組のメンバーですが、そこにいたのは人型の醜鬼。

騙されておびき出されたわけですが、彼女たちの狙いはなんと優希。

見事に捕まってしまった優希ですが、捕まえた人型の醜鬼はやっぱり優希の姉・青羽ででした。

ブラコンの青羽は優希を仲間にしようとします。

そして、なぜ自分たちがが今のような姿になったのかを話そうとします。

「魔都精兵のスレイブ」 4巻  竹村洋平/集英社より 引用

 

一方で七番組は優希の救出に向かいます。

優希が変形を解いたことで京香の「ご褒美」が発動し、京香自信が優希の位置を探すためのレーダーとなる、というのは設定をうまく活かした流れです。

そして、天花ひきいる六番組との共同戦線、というところで次巻への引き。

共同でどのような戦いとなるのか、また青羽たちの謎、魔都の謎とはなんなのか。

はやく5巻が読みたいです。

そしてこの作品といえば、ご褒美!

「魔都精兵のスレイブ」 4巻  竹村洋平/集英社より 引用

 

今巻では「ご褒美」よりも、優希を捕えた人型醜鬼のお姉さん、銭函ココ湯野波音とのシーンの方がHです。

が、それは読んでのお楽しみということで。。。

でも、コレがあってこその子の作品ですからね。

問題はこの先、どんなシーンを出すのかということ。

 

そういった意味でも、先が気になって期待したい作品ですね!?

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.