書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

漫画等の紹介・考察

漫画『無限の住人~幕末ノ章~』1巻の感想。万次と坂本龍馬の共闘?武器やキャラも懐かしいのが出たりして意外と悪くない

更新日:

こんにちは、神門です。

時代劇、幕末物はどこでも人気も需要もあります。

今回、「無限の住人」の続編(スピンオフ?)が出るということで、期待半分不安半分(作者が沙村さんじゃないということで)

手に取ってみた、「無限の住人~幕末ノ章~」の1巻の感想です!

 

作品情報

作品名 無限の住人~幕末ノ章~
著者 滝川廉治 (著), 陶延リュウ (著)
出版社 講談社
紹介対象の巻 1巻
ジャンル 幕末剣劇アクション

 

作品の感想

不老不死の体を持つ万次と、親の敵を討つため逸刀流を追う凛の旅をえがいた「無限の住人」
そのスピンオフ的な続編が本作である。

作者が沙村さんじゃないのかよ!

というのが第一の思いであるもともとのファンは多かったであろう。
沙村さんのあの画力、女性キャラの色香、そして独特のセンス。
果たして満足できるものが作られるものだろうか? と。

物語は原作の完結より未来、タイトル通りに幕末である。
幕末といえば当然、色々な人たちが活躍するわけで、はたして万次はどの立場となるのだろうかというのが最初に気になるところ。

そして相方は坂本龍馬!

まあ、それが一番面白そうではあるよな、というところである。

万次を誘う坂本龍馬

「無限の住人~幕末ノ章~」 1巻  陶延リュウ/講談社より 引用

 

もちろん坂本龍馬だけではなく、新選組やらなにやら関わってくる。
剣客集団という意味では、新選組と今後は対立して戦っていくことになりそう? な感じ。
肝心の戦闘シーンだが、こんな感じ。

沙村さんの絵と比べてしまうのは可哀想だが、頑張ってはいる

「無限の住人~幕末ノ章~」 1巻  陶延リュウ/講談社より 引用

 

全般的に、思っていたほど悪くなかった。
もちろん絵としては沙村さんのものを求めたい気持ちは大きいが、この辺も描いてこなれていくうちにもうちょっと勢いや迫力も出てくるのではなかろうか。
かつての敵の武器を使用してくれていたりするのも嬉しいところ。
この先も、誰の武器が出てくるのか楽しみ。

誰の武器だったか、わかりますよね!

 

「無限の住人~幕末ノ章~」 1巻  陶延リュウ/講談社より 引用

 

物語的にも、新選組で山南さんが新たな「逸番隊」を作って闇組織で動かすなど、表の歴史から消えた人を使ってうまいこと展開させようとしている。
そりゃ、土方や沖田、斎藤一、永倉新八やらを変に動かしたり、殺したりするわけにはいかないですしね。

また、「無限の住人」に出てきたキャラの家系が出てくるのも楽しめる。
え、剣士は殆ど死んだはずだって。
でも、出てくる人はいるんですよ。
それは読んでのお楽しみ。

ということで、まだまだ始まったばかりですが、意外と悪くはない。
この先を楽しみにしたい。

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, , , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.