書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

エンタメ 書評

【ブックレビュー】死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~新装版(著:野崎まど)

更新日:

【作品情報】
 作品名:死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~新装版
 著者:野崎 まど
 ページ数:256
 ジャンル:エンタメ
 出版社:KADOKAWA

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 永遠の命の納得度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 学園モノとか学園不思議モノが好き

 

■作品について

生物教師である伊藤が新たに赴任することとなった私立藤凰学院。
そこにはある噂があった。
それは、

「この学校には、永遠の命を持つ生徒がいる」

というもの。
そんな人間がいるはずないと思う伊藤の前に、自称、死なない生徒が現れた。
しかしその生徒は後日、遺体となって発見される。
だが----

■良かった点

今度は高校を舞台とした学園もの。
そこにまつわるテーマは、
「永遠の命」

生物学的に、不死の人間が存在するわけがない。
そう考える伊藤の前に、永遠の命を持つと自称する少女、識別組子が現れる。
当然ながら信じられない伊藤だが、しばらくした後、識別の遺体が発見される。
やはり永遠の命などないと理解する伊藤だが、そんな伊藤の前に現れたのは・・・・

果たしてこれを永遠の命とよんでよいものか。
そもそも本当にそんなことが実現可能なのか。
そういう疑問は尽きないながらも、どこか納得させられそうにもなる。
実際に言いたいことは不死がどうこういうことではないのかもしれない。

教えるということ。
伝えるということ。
知るということ。
知識とは何か。

個とは何か。

そういうことなのかもしれない。
とも思わせられる。

やっぱりな野崎まど的展開は本作でも健在。
Aと思ったものが実はBだった。
と思いきや実はZだった。
ライトな文体で軽く読みながら、深く読もうと思えばいくらでも深く読める。
深く読まなくてもラノベとして楽しめる。

そういう作品を書くのが野崎まどなのだろう。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

作風に慣れてくると、またこの展開か。
とか思ってしまうかもしれません。
他の作品の衝撃が強いと、どうしてもそういう風になっちゃうところがありますよね。

 

死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~ 新装版 【新装版】死なない生徒殺人事件 (メディアワークス文庫)

新品価格
¥631から
(2020/4/19 09:44時点)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-エンタメ, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.