書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ミステリー 書評

【ブックレビュー】棲月: 隠蔽捜査7(著:今野敏)

更新日:

【作品情報】
 作品名:棲月: 隠蔽捜査7
 著者:今野 敏
 ページ数:333
 ジャンル:ミステリー
 出版社:新潮社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 いつもの竜崎度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : シリーズを好きな人

 

■作品について

大森署の署長として働く竜崎。
今回の事件はサイバーテロ。
私鉄のシステムダウン、大手銀行システムへの侵入、そこに大森署の署員を向かわせると思わぬ横やりが入る。
一方で同時に進行する殺人事件の捜査。
2件の事件、そして竜崎の異動問題も含んだシリーズ7弾。

■良かった点

今回の事案はサイバーテロ。
決してこの手のことに詳しいわけではない竜崎だが、適材適所、信頼した署員に任せて自分は要点をつかみ、また他の署との折衝をすることで署員が動きやすくする。
どんな相手であろうと、やっぱり変わらない竜崎。
だけど、変わったところもある。
なんとあの竜崎が、大森署を居心地よいと感じていると自覚したのだ!
それは主に署員との人間関係であり、相手が自分のことを理解してくれているという安心感というもの。
これって、働く上では非常に重要なことである。
ただ竜崎自身にとっては衝撃的なことで、むしろ、それ故にそろそろ離れ時だ、なんて考えちゃうところが、らしい。

異動の話が出ようとも、仕事優先、事件優先であることは変わらない。
変人と称される竜崎だけど、筋を通してくれるから部下としたらやりやすいのだろう。
慣れればね。

そんな竜崎が変えた大森署。
新しい所長が来たら、昔ながらの警察署に戻ってしまいそう。
そういうもんですよね。

さて、とうとう大森署から神奈川県警にうつることになった竜崎。
新たな場所で、新たな人たちと、どのような関係を築いていくのか。
竜崎は変わらないだろうけれど、大森署で成長し、また異なった対応は見せていくだろう。

マンネリ感が漂ってきたことは否定できないので、環境をガラッと変えてということだろう。
さて、どうなる?

■ここが改善できるともっとよかったかも?

よくもわるくも、淡々と進み、事件自体にはあまり驚きはない。
やっぱり、竜崎がどういう言動をとり、周囲をどう変えていくのか。
このシリーズの最近は基本的にそれがメイン。
良いととらえるか、悪いととらえるか・・・

 

棲月―隠蔽捜査7―

棲月ー隠蔽捜査7ー【電子書籍】[ 今野敏 ]

価格:1,728円
(2019/8/3 10:14時点)
感想(1件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.