SF 書評

【ブックレビュー】ランドスケープと夏の定理(著:高島 雄哉)

更新日:

【作品情報】
 作品名:ランドスケープと夏の定理
 著者:高島 雄哉
 ページ数:292
 ジャンル:SF
 出版社:東京創元社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 読んでて頭クラクラする度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : ハードSFにちょいラノベ風味まざりでいける

 

■作品について

天才物理学者である姉に振り回される、数学者の弟・ネルス。
姉のテオはラグランジュポイントのL2に浮かぶ国際研究施設で働いているが、そこに呼び出されたネルスは、またしても姉に振り回されることになるのだが。
3つの連作中編で織り成される、本格ハードSF。

■良かった点

がっつりハードSFだ!
「知性定理」や「理論の籠」、「ドメインボール宇宙」、「運動エネルギー非保存空間」などなど。
いやー、読んでもなかなか理解できない。
「運動エネルギー非保存空間」はちょっとおもしろそうだと思ったけれど。
とにかく、普通に理論や様々な用語が出てきて、ハードSF者でないのでそういうのはなかなか辛い。
それでも読み進められたのは、ハードSFでありながら、人物はソフトでキャラが立っているからである。

天才だけど我が儘、自由奔放に生きている姉のテオ。
どこかのんびりとしていて、姉に振り回されつつもそんな姉が好きなネルス。
ネルスの話し相手でもあるAIの翠雨。
他にもネルスの友人・知人を含め、登場人物は多くないながらも、そういう人間関係が読みやすくしてくれている。

SFが好きな人はそのハードSFとしての世界というかアイデアを楽しむ。
ハードSFが苦手な人でも、ネルスと姉の物語、ネルスとその他の人物の物語として読むことはできるだろう。
事実、私はハードSFなアイデアの理解はどこまで出来たかあやしいもので、ハードSFの設定を背景にしたネルスという青年の物語として読んだと思う。

とりあえず、姉が好きだということは分かる。
むしろ姉SFといわれるのも分かる気がした。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

やっぱりハードなだけに、追いつけないというか、受け付けない人はいるでしょう。
その辺は割り切って読んでしまうというのもひとつの手です。

 

ランドスケープと夏の定理 (創元日本SF叢書)

ランドスケープと夏の定理【電子書籍】[ 高島雄哉 ]

価格:1,800円
(2019/3/29 19:25時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.