書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

ミステリー 書評

【ブックレビュー】カササギ殺人事件(上)(著:アンソニー・ホロヴィッツ)

更新日:

【作品情報】
 作品名:カササギ殺人事件〈上〉
 著者:アンソニー・ホロヴィッツ
 ページ数:345
 ジャンル:ミステリー
 出版社:東京創元社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 下巻への期待度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 海外ミステリーに拒否感ない人

■作品について

1955年7月、パイ屋敷の家政婦の葬儀がしめやかにおこなわれた。
鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけたのか、あるいは……。
その死は小さな村の人々へ徐々に波紋を広げていく。
消えた毒薬、謎の訪問者、そして第二の死。病を抱えた名探偵アティカス・ピュントの推理は――。
現代ミステリのトップ・ランナーによる、巨匠アガサ・クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ作品!

■良かった点

話題になっていた海外ミステリーをようやく手に取った。
上下巻にわかれてのこの上巻では、一冊まるまるを使用して作中作である「カササギ殺人事件」が描かれている。
20世紀半ばの英国の片田舎で発生した事件。
死亡した家政婦は単なる事故だと思われていたけれど、少しずつ村人たちに影響を広げていき、さらなる事件が。
作品内で活躍する名探偵アティカス・ピュントは丁寧に謎を追いかけ、やがて真相に辿り着いたようだが・・・?

というところでの上巻。
なので、これだけで評価するのは難しい!

ただ、小さな村という、いわば閉鎖された社会で起きた事件。
村人たちはみんなが顔見知りで、それぞれの昔からのことを知っていて、人間関係や複雑な思いが色々とあって。
そんな人たちの思考や行動が絡み合っているというのが、読んでいてよくわかる。
そういった雰囲気を実にうまく出している。
古きよき名作ミステリーの味わいを、作中作である「カササギ殺人事件」が出している。

ということで、下巻にいってから最終評価としたいと思います。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

下巻を読まないとね!

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.