書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

『オレが私になるまで』4巻の感想。アキラを悩ませる”好き”、そしてアキラを縛る過去

更新日:

 

みなさんこんにちは、神門です。

小学生低学年の時に男の子から女の子になってしまったアキラの成長をゆっくり、じっくりと描いた一作。

佐藤はつき先生『オレが私になるまで』4巻が発売されました!

作品情報

作品名 オレが私になるまで
著者 佐藤はつき
出版社 KADOKAWA
紹介対象の巻 4巻
ジャンル TSF

 

作品の感想

1巻から3巻まで、

  • 1巻 → 自分自身
  • 2巻 → 同性
  • 3巻 → 異性

 

という流れで描いてきた、と前回記事で書きました。

佐藤はつき氏『オレが私になるまで』2巻感想。ゆっくり女の子を体験し変わってく姿が良い

  こんにちは、神門です。 TSものは昔から好きです。 そして最近のTSもので注目作品、『オレが私になるまで』2巻を読みましたので、その感想です!   作品情報 作品名 オレが私に ...

続きを見る

佐藤はつき氏の『オレが私になるまで』3巻の感想。男女の意識が強まる中学生活

  こんにちは、神門です。 現在のTSものでもっとも注目株且つ良作、『オレが私になるまで』の3巻が出ました! 表紙を飾るアキラが、巻を追うごとに女の子っぽく、可愛くなっていくのが、見ている方 ...

続きを見る

 

そして4巻では、

「好きって何?」

が描かれています。

小学生低学年の時、まだ異性に対する恋愛感情も知らない年齢で男から女になってしまったアキラ。

女の子であることを受け入れ、女の子として可愛いものが好きになっていく中で、それでも男だった自分を捨てきれない。

そんなアキラにとって、異性に対する恋愛感情というのは未知のもの。

今は女だから、男を好きになるのか?

もともと男だから、女を好きになるのか?

自分が「可愛い」と思うものは、自分の心が男であって男の視点で「可愛い」と思うものなのか?

自分自身の立ち位置が不安定なため、それすらもわかりません。

BLの本を読み、そういう”好き”の形もあることを知るアキラ

「オレが私になるまで」 4巻  佐藤はつき/KADOKAWAより 引用

 

だけど、アキラの想いとは別に、周囲は動いていきます。

アキラを待ってはくれません。

自分の内に閉じこもっていた頃から、留海という友人を得て、少しずつ周囲との関係性を築いてきたアキラ。

だけどそれは同時に、色々な変化をもたらすことにもなります。

自分の気持ちや思い、立ち位置もわからないアキラにとって、変化していくのは怖いこと。

だけど、怖いままではいられない。

そのためには自分自身が変わらなければならないし、動かなければいけない。

でも、そんなアキラを縛るのは、過去。

未だにアキラを襲う、過去の出来事。

それは自分自身が行った過ちであり、誰にも話せないまま抱え込んでいること。

おそらく一生、離れることのない過去

「オレが私になるまで」 4巻  佐藤はつき/KADOKAWAより 引用

 

アキラは途中、クラス替えの件に関して

皆が一緒がいい

といいます。

それはすなわち、今の関係を崩すことなく変わらないままでいたい、という思いの発露だと思います。

でも、皆と一緒で変わらないメンバーでも、関係性は変わっていくことを、身をもって知ります。

アキラが動かなくても、それはアキラが「動かない」という選択肢を選んだことであり、その選択もまた周囲に影響を与えることを知ります。

思考を止めるのは何の解決にもならない。

その思考を選ばざるを得なかったのは、過去のアキラが犯した過ち。

堂々巡りにアキラは苦しみます。

 

それでも、時は待ってくれません。

立ち上がり、進むしかありません。

幸い、今のアキラは一人ではありません。

アキラを助けてくれるのもまた、変化によって得られた人間関係なのかもしれません。

 

オレは誰を好きになるんだろう

 

帯に書かれているこの一文。

一緒が良い、は、今と変わりたくない、の思い

「オレが私になるまで」 4巻  佐藤はつき/KADOKAWAより 引用

 

この答えが出た時が、もしかしたら作品の終着点の一つなのかもしれません。

そこまで、楽しみに続きを追いたいと思います。

 

 

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-漫画等の紹介・考察
-, ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.