書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

SF 書評

【ブックレビュー】裏世界ピクニック7 月の葬送(著:宮澤伊織)

更新日:

【作品情報】
 作品名:裏世界ピクニック7 月の葬送
 著者:宮澤伊織
 ページ数:309
 ジャンル:SF
 出版社:早川書房

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 百合度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 百合とホラーとネットロアが好きな人

■作品について

閏間冴月。
裏世界の研究を続けるうちに“向こう側”へ姿を消した鳥子の大切な人。
これまで何度も怪異として脅威をもたらしてきた存在が、かつてなく大胆に空魚のもとへと迫る。
ついにブチ切れた空魚は、自身の知識と人脈を総動員して冴月を「祓う」ための葬送計画を開始する。

■良かった点

ボスキャラ的存在だった閏間冴月。
今回でついに閏間冴月と決着をつけるべく本格的に動きます。
そのきっかけとなったのは、閏間冴月の空魚へのアプロ―チ。
鳥子や小桜と違って閏間冴月に執着の無い空魚は、迫ってくる冴月に対して単純に怒り、ブチ切れます。
恐ろしいはずの裏世界と裏世界の存在。
自分がどうにかなってしまう、裏世界に取り込まれてしまうという危険を知りながらも、それを感じさせずにブチ込む空魚。
今までに何度も言っていますし、作中でも色々な人から言われていますが、空魚のヤバさは7巻でも健在。
当初は依存性サイコパスな空魚でしたが、依存性は消えたのか?
ヤバさだけがどんどん突出してきているようで、そのヤバさは閏巳るなからも、

「私が見た人の中で一番おかしい」

と評されてしまうくらいですから。

閏間冴月を倒すためのアプローチの仕方というか、そのアプローチを考える空魚がまたなんとも。
閏間冴月を葬送してしまおうというわけですね。
生きている人達と冴月で、明確なお別れをして、それを閏間冴月にも理解させてしまおうということ。
アプローチとしては、幽霊系のものでは見るパターンな気もしますが、そのやり方がこっくりさんというのが本作らしい。
そしてラスト、空魚の閏間冴月に対する宣言というか、啖呵というか。
これはもう、閏間冴月にかわって空魚がハーレムを作るのか?
と言わんばかりですね!(違う)

百合的には、空魚と鳥子のデートとか。
空魚がモヤモヤしたりとか。
鳥子が本当に閏間冴月と決別し、空魚を選んだというのが明確になり。
茜に対する夏妃の思いが表現され。
なかなか。
とくに茜となっつんは、今後が楽しみですね。裏世界のことを夏妃にも知られ、更に関わってくるのか?
ここも要注目です。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

これで本当に閏間冴月との因縁は終了したのか?
だとしたら次の巻からどういう展開にもっていくのか?
というのが気になるところですね。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-SF, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.