書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

ミステリー 書評

【ブックレビュー】プロジェクト・インソムニア(著:結城 真一郎)

更新日:

【作品情報】
 作品名:プロジェクト・インソムニア
 著者:結城 真一郎
 ページ数:279
 ジャンル:ミステリー
 出版社:新潮社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 どんでん返し度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 こういう人におススメ! : 特殊設定ミステリが好み

■作品について

「年齢・性別・属性の異なるメンバーが夢のなかで生活を共にする」。
特殊睡眠導入剤〈フェリキタス〉の開発で莫大な財を成した、ソムニウム社による極秘人体実験、〈プロジェクト・インソムニア〉。
被験者に選ばれた蝶野は、失意の日々から一転、自らの願望を〈クリエイト〉できる〈夢〉の世界に魅了されてゆく。
しかし、とある〈疑念〉の発露が、完全なる理想郷を、突如おぞましい悪夢へと変貌させる。
ここは夢か、それとも――。

■良かった点

自分がいる場所は夢の中なのか、それとも現実なのか?
似たような物語は、VR、仮想現実を扱った作品が過去にもある。

  • クラインの壺(岡嶋二人)
  • クリス・クロス(高畑京一郎)

 

等。
本作は仮想現実とは異なるが、夢の世界を複数人で共有して生活する、という点では非常に似ている。
夢の中ならでは、ある程度自由なことが出来るし、好きなものをクリエイトすることもできる。
宇宙人と戦ったり、映画顔負けのアクションをしたりして、死ぬこともない。

主人公は、そんな夢の世界で生活する実験、〈プロジェクト・インソムニア〉に参加することになった青年、蝶野。
しばらくは共に実験に参加したメンバー達と楽しむ蝶野だが、ある時を境に一転する。
夢の中で死んだら、現実でも死ぬ。
そんなことが現実に発生したときから、夢の世界は悪夢へと変わる。

疑心暗鬼になる実験参加メンバー達。
誰が、どのような目的で、参加者たちを殺そうとしているのか?
クローズドサークルの中で、さらに夢の中でという特殊設定下でのミステリ―ともいえる。
夢の中といえど、夢の中でできることできないこと、夢だと認識する方法、など制約が設定されており、それを活かした謎といえる。

伏線が色々と張られており、それがきちんと作中で回収されていくのはなかなか見事。
最後まで一気に楽しめます。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

ちりばめられている伏線が結構分かりやすいというか、それ自体は問題ないのですが、なぜ主人公や登場人物は気が付かない!?
と思えるようなものもあったりして。
さすがに不自然じゃね?
と、思うところもあるのが少しだけ残念だったところ。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-ミステリー, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.