書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

『2.5次元の誘惑』14巻の感想。奥村の心の壁を壊せ!恋愛面の進展、そして新学年へ!

投稿日:

 

みなさんこんにちは、神門です。

冬コミ編も終わって、3年生の卒業に向かって恋愛面での動きが出る、『2.5次元の誘惑』の14巻の感想です!

 

作品情報

作品名 2.5次元の誘惑
著者 橋本 悠
出版社 集英社
紹介対象の巻 14巻
ジャンル 熱血青春&コスプレラブコメ

 

作品の感想

13巻で大きなイベントの冬コミ編が無事完結。

その後を受けてまた日常回の積み重ねが続いているわけですが、この日常変で大きな動きがあるのが恋愛面!

なぜかといえば、バレンタイン、そしてまり姉の卒業があるからです。

3年生のまり姉は卒業を控えているわけですが、このまま何事もなく卒業するわけにはいきません。

何かといえば、奥村との関係性についてです。

もともと、子供の頃にまり姉に恋した奥村。

その後、色々とあって現在に至るわけですが、まり姉だって奥村のことが嫌いなわけじゃない。

まり姉、リリサ、美花莉、アリア、それぞれの思いがあり、それぞれの行動がある。

特に、小さい頃から奥村のことが大好きで、ずっと純粋に奥村の幸せを願う美花莉。

自分が選ばれたいけれど、それ以上に奥村に幸せになって欲しい。

だから、自分が選ばれたいけれど、奥村が一番好きな人を選んで欲しいという。

なんていい子なんや・・・

美花莉自身も、幼馴染なんて負けヒロインだと思っているけれど、諦めることなんてできない。

応援したくなるんよね。。。

 

みかりん、良い子すぎるよ・・・!

「2.5次元の誘惑」 14巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

このままで終わらせられない。

何も決着しないまま、まり姉に卒業してもらうわけにはいかない。

奥村が抱えているトラウマ。

奥村の心にある壁を壊すことが出来るとしたら、それはまりなしかいない。

幼い頃、奥村の心のよりどころになったのはまりなだった。

  • 恋が出来ない奥村。
  • 3次元の女の子を好きになれない奥村。

 

そんな奥村に対して、思いをぶつけていくまり姉。

それはもう、物理的にも奥村の壁を壊す勢いで。

まりなのその思いは、奥村の心の奥底に確実に届きます。

しかもそれは、奥村の課題であった写真撮影にも好影響を及ぼすことに。

コスプレ、コスプレ撮影という意味でも、これでまたレベルアップして新たな段階に進むという展開がまた上手いですね。

 

届いた・・・!?

「2.5次元の誘惑」 14巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

そうしてまり姉は卒業していきます。

・・・が、OGとして今後も活動には参加してくれることに!

みんな、まり姉に甘やかしてほしいのですね・・・

ということでいよいよ学年があがって、奥村も三年生に!

新しいクラスでは瀧ちゃんが同じクラスで、しかも隣の席に!?

これは、瀧ちゃんもフラグたててきますかね。たててきてほしいな。

バレンタインの時も、奥村にだけ他の男子とは違うチョコを渡していた瀧ちゃんですからね。

新学年になったといことで、漫研にも新一年生が入ってくるのでしょうか?

新キャラ投入は当然だと思うので楽しみですね。

そしてあとは残す四天王の一人、淡雪エリカとのイベントは次の夏コミ編ですね。

年度が変わってもまだまだ楽しみです。

瀧ちゃんが同じクラスで隣の席に! これはフラグか!?

「2.5次元の誘惑」 14巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

とりあえず次巻は、新一年生編かな?

と勝手に想像してみます!

 

 

 

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-漫画等の紹介・考察
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.