「祥子」 一覧

スポンサーリンク

【マリみてSS(祥子×祐麒)】お嬢様は心配性?! <その5>

   夏休みも間もなく終わり、二学期が始まろうとしている。  相変わらず太陽は力強く空に輝いているし、蝉の鳴き声も耳にうるさいくらいであったけれど、学校が始まるという事実は変わりようもない。 ...

【マリみてSS(祥子×祐麒)】お嬢様は心配性?! <その4>

   突然のことだった。  これからまさに就寝しようかという祥子の前に、彼の人が姿を現したのは。あまりのことに、祥子は体が何かに縛られでもしたかのように、動くことが出来なかった。気にすること ...

【マリみてSS(祥子×祐麒)】お嬢様は心配性?! <その3>

   爽快な気分で祐麒は目覚めた。  同時に、果てしない違和感を覚えてもいた。自宅のベッドの上とは思えない、ふかふかの感触と肌触り。目を開けると飛び込んでくる、豪奢な照明器具や室内の調度品。 ...

【マリみてSS(祥子×祐麒)】お嬢様は心配性?! <その2>

   分不相応だと分かっていながらも、小笠原家のパーティに足を向けた。来ると決めたときから、場に合わない異分子だということは予想できていた。だから、最初は少し躊躇いもしたけれど、肝を据えて立 ...

【マリみてSS(祥子×祐麒)】お嬢様は心配性?! <その1>

 小笠原清子は心を悩ませていた。  心を悩ませているその原因とは、愛すべき娘、祥子のことであった。  祥子が男嫌いであることは、清子も気がついていた。祥子はその容貌の美しさから、また小笠原の娘というこ ...

【マリみてSS(祥子・祐麒)】私の手をとって

~ 私の手をとって ~ 「本当に、ありがとうございました」  目の前で深々と頭を下げる女性に、祐麒は慌てて頭をふった。 「いや、そんなたいしたことじゃないですから」 「でも情けないわ。自分の家に帰るの ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.