書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

エンタメ 書評

【ブックレビュー】フェイバリット・シングス(著:村崎友)

更新日:

【作品情報】
 作品名:フェイバリット・シングス
 著者:村崎 友
 ページ数:272
 ジャンル:エンタメ
 出版社:光文社

 おススメ度 : ★★★★★☆☆☆☆☆
 ミステリー度 : ★★★★★☆☆☆☆☆
 こういう人におススメ! : 変な作品でも文句を言わない人

■作品について

六呂田録郎は、娘と犬と暮らす推理作家。
自分と同じ名前の私立探偵が主人公の推理小説を執筆している。
ところがある日、「探偵の六呂田さんですよね?」と声をかけられて──。
締め切りと探偵の依頼、六呂田は解決できるのか!?

■良かった点

初読みの作家さん。
推理作家、六呂田録郎を主人公とした短編。

なんというか、感想が難しい。
六呂田録郎は、同名の私立探偵が主人公の推理小説を書いているのだが、その推理小説の世界というか妄想というか。
それと現実がごっちゃになるというか、本人自身がごっちゃにしてしまっているので、何が現実かよくわからなくなるという。
そんな日常を描いている。
だからといって日常系というわけではなく、かといってミステリーでもない。
六呂田録郎の奇妙な日常を描いているだけといえば、それだけ。
その中で、娘や飼い犬とのコミュニケーションとか。
編集さんやお客さんとのやりとりとか。
どこか抜けているけれど、奇妙にほっこりするような(?)、そんな雰囲気を楽しむ作品。
なのかなぁ?

まあ正直、何が良いのかはよくわからなかった。
というか、何が描きたいのか分からなかったというべきか。
ハマらない人は、時間を無駄にしたと思うだろうなぁ。
何も考えずに、なんとなく読むにはよいのか??

■ここが改善できるともっとよかったかも?

いやー。
もうこの作品は何を言えばよいのかよくわからん(笑)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-エンタメ, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.