書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

未分類

つるまいかだ氏『メダリスト』2巻の感想。初級大会を終え次の舞台、そして新たな人間関係!

更新日:

 

こんにちは、神門です。

フィギュアスケートを題材にした作品です。

なんでも、テレビでも紹介されたとかどうとか?

でも、そうやって目を付けられるのも読めばわかります!

「メダリスト」2巻の感想です。

 

作品情報

作品名 メダリスト
著者 つるまいかだ
出版社 講談社
紹介対象の巻 2巻
ジャンル フィギュアにかける熱血スポーツもの

 

作品の感想

主人公の司といのりのコンビが結成され、いざ、金メダルを目指して活動を開始した1巻。

ライバルの女の子達もお目見えして、2巻ではいよいよいのりが大会に参加します!

 

初めての大会ということで、当然ながら緊張します。

それはいのりだけでなく、司も、そしていのりの母親だって同じことで、平常心でいられません。

幼い子が習い事をするのって、親の影響も大きいです。

特にフィギュアスケートは、本気でやるならお金もかかるし時間もかかると聞きます(フィギュアに限った話ではないかもしれませんが)

さらに点数がついて、勝ち負けがあって、上に行けるのはほんの一握りの子だけで、本気で打ち込もうと思うほどに挫折も大きくなります。

子供が傷つく姿を見たい親なんていないと思います。

そういう親心と、それに対するいのりの姿なんかも描かれているのが良いですね。

お母さんと対照的に、いのりのお姉さんの明るさと、いのりLoveなところがなんとも微笑ましい。

いのりに安心感を与え、挑戦する心をもたせようとする司

「メダリスト」  2巻 つるまいかだ/講談社より 引用

 

さてさて、大会の方。

本番前の練習で失敗ばかりしてしまういのり。

それまでの練習では上手くいっていたのに、本番を前にして急にうまくいかなくなるってあると思います。

それこそ、本番のプレッシャーであり緊張。

気楽な練習とは全然違うんですよね。

不安になるいのりに対する司の言葉は、いのりに安心感を与えます。

コーチとして新米の司ですが、いのりとともに司も成長していくのが良いですね。

本番での滑りは練習と違います。

やり直しはききません。

失敗もするなかで、いのりはどのような滑りを見せたのか?

 

そして大会に出場しているのはいのりだけではありません。

1巻で登場した、年下ながら2回転のコンビが跳べる実力をもったミケ。

彼女が見せるのもさすがのスケーティング。

しかし、彼女にも本番のプレッシャーがあるわけで、いつも通りにいかないなかでの結末は?

年下ながら高い技術を持つミケ

「メダリスト」  2巻 つるまいかだ/講談社より 引用

 

初級の大会を終えた後は、ノービスの部が開始されます。

そこで滑るのは、天才少女と呼ばれている光。

当然のように圧倒的な滑りを見せる光ですが、今巻では光のコーチが登場します。

そのコーチは、司に大きな影響を与えた人でした。

いのりだけでなく、コーチ同士での因縁(?)も発覚!

光の過去もちょいと最後に描かれ、一筋縄ではいきそうもありません。

さてさて、初球の大会を終えて司といのりが臨むのは、京都で開催される西日本小中学生大会。

そこでもまた新たなライバル選手、コーチが登場。

どのような選手で、物語にどのような関与をしてくることになるかは今後のお楽しみ。

司に影響を与えた男、夜鷹

「メダリスト」  2巻 つるまいかだ/講談社より 引用

 

熱さとコメディと。

努力、友情、勝利と。

必要なものの詰まった熱血フィギュアスケート物語、まだまだ続きが盛り上がっていきそうです!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-未分類
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.