書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ミステリー 書評

【ブックレビュー】だから殺せなかった(著:一本木透)

更新日:

【作品情報】
 作品名:だから殺せなかった
 著者:一本木透
 ページ数:304
 ジャンル:ミステリー
 出版社:東京創元社

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 タイトルに納得度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 重厚で読ませるミステリーが好き

 

■作品について

首都圏で発生した連続殺人事件。
その犯人と名乗る男から、新聞記者に対して新聞紙上での討論を要求するという事態が発生する。
紙上でとりかわされる、犯人と記者の対話はどこに向かおうとしているのか。
また、そのようなことを行う犯人の目的とは?

■良かった点

連続殺人犯と新聞記者が、新聞紙面上で対話する。
このアイディア、やりとりこそ、この作品が面白くなった大きな理由の一つであろう。

現実問題的にそんなことできるのだろうか?
と思わなくもないが、それを言い出してもキリがない。
作品の中、紙面上でかわされる犯人とのやり取りの内容は、現代を生きている人ならば見につまされることばかり。
ああ、自分もそうだな、そう思う人が多いのではないだろうか。

しかし、犯人が言いたいのは果たしてそのようなことなのか。
犯人とのやりとりとは別で語られている、とある家族の話。
不倫をネタにしている、タレント化した学者の話。
家族の話につながるのだろうとは思わせられるが、果たして誰が犯人で何の目的なのだろうかと、先が気になってグイグイと読ませてくれるだけの力がある。

そして、読者が想像する「おそらくこういうことなのではないか」という結末に収束する。
かと思いきや、最後に斬り返しが待っていて、これもまたなかなか。
どんでん返しでもあり、また思いがけない切なさを読み手に与える。
最後まで飽きさせずに読ませてくれるのもなかなか。

また事件とは別に、新聞製作、新聞記者の仕事についても見せられて、なかなかこちらも興味深かった。
巨大な輪転機とか想像しちゃうとなかなか楽しい。

アクションとかスピード感がある作品ではないが、読ませる作品であることに変わりはない。
タイトルの意味も、読んで最後に理解できる。

良い作品というのは、内容とタイトルがぴたりとあうものだ。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

前半から中盤がちょっとまどろっこしく感じる部分もある。
決して読み辛いというわけではないけど。

 

だから殺せなかった

だから殺せなかった [ 一本木 透 ]

価格:1,980円
(2019/11/24 09:26時点)
感想(1件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.