書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

漫画等の紹介・考察

『対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~』ハイテンションでクレイジーな格ゲー×百合のコンボ!

更新日:

 

こんにちは、神門です。

対戦格闘ゲーム。

一時代は一世を風靡し、どこのゲーセンに行っても大量の対戦格闘ゲームがあり、そこかしこで対戦が行われていました。

私も、ちょこっとだけやったりしました(まあ、下手くそなんですが)

そして現在。

1ジャンルとなっている百合に、この対戦格闘が殴り込み!?

そんな作品、「対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」1巻の感想です!

 

作品情報

作品名 対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~
著者 江島 絵理
出版社 KADOKAWA
紹介対象の巻 1巻
ジャンル ちょっとクレイジーな対戦格闘百合

 

作品の感想

主人公の深月綾は、全寮制のお嬢様学校、黒美女子学院に高等部から編入してきたごくごく一般庶民。

どれくらい庶民かというと、お嬢様がたが食さない袋ラーメンを好きだと言ってしまうくらいの普通の子。

 

そんな彼女が学園の中で出会ったのは他の生徒達から憧れられる存在である「白百合さま」

ある日のこと、綾は「白百合さま」が、対戦格闘ゲームに熱中しているところを目撃してしまいます。

そこから「白百合さま」に追いかけられる綾ですが、それはゲームを学校に持ち込んでいることを教師にチクらないか見張るため、ではなく、綾もまた格闘ゲーマーであることを見抜いたからです。

そう、「白百合さま」は対戦相手を求めていたのです。

こうして二人の、対戦格闘ゲームを通した愛情が育まれていく(?)物語、なのかな?

この熱、この滾り! でも、百合っ!

「対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」 1巻 /江島 絵理 KADOKAWAより 引用

 

ゲーム、対戦格闘ゲームを題材にした漫画というのは今までもあったと思います。

それが、まさか百合にまで入ってくるとは!

とりあえずそのインパクトだけでもなかなか十分なところはあります。

百合は百合でもお嬢様というところに、お嬢様とは縁遠そうな対戦格闘ゲームをもってくるところが一つのギャップ。

それでも間違いなく百合。

そうか、対戦格闘ゲームとは、相手の戦い方、癖、性格、嗜好、そういったものをも理解してこそ、奥深い戦いができる。

相手のことを思いあう、対戦格闘は百合なのですね!!

夜、互いを理解し合うのに最適なのが格ゲー!

「対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」 1巻 /江島 絵理 KADOKAWAより 引用

 

題材となっているゲームは「π4」という架空のゲームなので、技とか仕様とかもオリジナルですが、基本的には現実の格闘ゲームでも通じるもの。

だから、対戦格闘ゲーム好きな人が読めば、どういうことをしているのか、どういう意図なのかは分かるはず。

格ゲーを良く知らない人は、まあ、流し読みでも大丈夫です!

なんとっても、格ゲーの中身が本質ではありませんし、ハイテンションかつクレイジーなギャグが勢いでもって読ませてくれますから!

そう、本作品の魅力の一つはイカれているかと思うようなギャグ!

主人公の綾ももちろんですが、「白百合さま」だってぶちかましてくれます!流血します!

 

なぜ、格闘ゲームなのか?

そんなのに深い理由なんていりません。

好きだから。

対戦したいから。

それだけで、キラッキラして輝いちゃっています。

感情と感情のぶつけあいがたまりません。

これがみんなの憧れ、「白百合さま」!

「対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」 1巻 /江島 絵理 KADOKAWAより 引用

 

熱い百合が登場しました!

果たしてこの先、二人の対戦と関係がどうなっていくのか?

あるいは他のライバル(?)とか出てくるのか?

なかなか進め方が難しそうなだけに楽しみでもあります。

 

「対ありでした。」とは、「対戦ありがとうございました」ということ。

こちらこそ、ありがとうございました。

というか、ごちそうさまでした。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.