SF 書評

【ブックレビュー】ここがウィネトカなら、きみはジュディ(著:テッド・チャン等)

更新日:

【作品情報】
 作品名:ここがウィネトカなら、きみはジュディ
 著者:テッド・チャン,クリストファー・プリースト等
 ページ数:480ぺージ
 ジャンル:SF
 出版社:早川書房

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 タイムトラベル度 : ★★★★★★★★★☆
 こういう人におススメ! : 大好き!時間モノSF!

 

■作品について

世に多く出されている、いわゆる「時間モノ」SF。
タイムトラベル、タイムスリップ、タイムリープ、ループもの、等々。
様々な作家の描く時間SF13編!<br>

■良かった点

時間モノといえば日本人が大好きなジャンルです(断言)。
特にループものなんかはゲームではよく使われます。まあ、ループはゲームと相性が良いですからね、スキップできるとか、絵や文章を使いまわせるとか、そんな中で些少な違いを少しずつ出していくとか。
個人的には「マブラヴ」や「クロスチャンネル」、「Never7」、とか好きです。どれも古いですね。

小説に関しても時間ものは多数出ています。有名どころではグリムウッドの「リプレイ」をはじめとして、「タイムリープ」、北村薫さんの三部作、などなど。
本書は、そんな時間系SFに絞って編集されたアンソロジーなので、その手のものが大好物な方には垂涎の本となっています。

執筆者も、テッド・チャン、クリストファー・プリースト、スタージョン、ロバート・シルヴァーバーグ、といった錚々たるメンバーが並んでおります!
時間を扱うのは、恋愛とロマン、そして悲劇がよく似合う。
収録されている作品もそれらをあますことなく楽しめる。

【限りなき夏】クリストファー・プリースト
 プリーストらしい作品。
 人間の時間を止めるカメラを使う人々がいる世界。とある姉妹への想いに揺れる男。そして二人の想いが通じ合ったその瞬間。
 芸術的というか、美しくロマンティックな作品。

【昨日は月曜日だった】シオドア・スタージョン
 スタージョンの短編って面白いよなぁ。
 月曜日に寝て、起きたら水曜だった! って話(笑)

【ここがウィネトカなら、きみはジュディ】F・M・バズビイ
 表題作。そして、錚々たる執筆陣を差し置いて表題作になるだけの作品である。
 そしてタイトルが素晴らしいですよね。
 これ、どうゆうことなの? と読みたくなる。
 そして読めばわかります。

時間モノが好きな人はもちろん、別にそうじゃなくても楽しめる一冊!

■ここが改善できるともっとよかったかも?

ヤングやジャック・フィニィは入っていないのね。

 

ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (ハヤカワ文庫) [ 大森望 ]

価格:1,015円
(2018/6/24 09:30時点)
感想(2件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。