書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

ミステリー 書評

【ブックレビュー】偶然にして最悪の邂逅(著:西澤保彦)

更新日:

【作品情報】
 作品名:偶然にして最悪の邂逅
 著者:西澤保彦
 ページ数:288
 ジャンル:ミステリー
 出版社:東京創元社

 おススメ度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 人間関係ドロドロ度度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 手の込んだミステリを読みたい

■作品について

気がつくと昭和から令和へと元号も変わり(なんと平成という時代もあった!?)、三十八年も経っていたうえに、自分は幽霊になっていた。
どうやら何者かに殺害されて、ここに埋められたらしいが、いったいなぜ?(『ひとを殺さば穴ふたつ』)
といったトリッキーな設定のものなど、5編のミステリが詰められた短編集。
“日常の中の非日常”を、登場人物達が保有している情報を元に推理していく。

■良かった点

西澤さんらしいっちゃあ、らしい。
探偵が推理するというものではなく、過去に発生していた事件などを、今ある情報をもとに、
”実はこういうことだったのではないか”
と推理していくことがメイン。
与えられた情報は、その時の人間関係や思惑、明確になっている行動。
そこから、するすると真実へと向かい進めていく。
もちろん、到達する場所が必ず真実とは限らないけれど。

5編ある中では、表題作でもある『偶然にして最悪の邂逅』が、一番だと感じたかな。
この作品もそうだけど、とにかく人間関係が複雑怪奇に絡まり合っていく。
そんな中で達するラストは、拍子抜けするようでもあり、意表を突かれるようでもあり。

設定というか、会話をしている人は少人数で限られているが、話の中で出てくる事件の登場人物は多い。
そしてその人間関係が複雑に入り組んでいるので、そこを理解しながら読むと少し時間かかるかも。
そういったところを理解したうえで、では誰がどういう考えでどういう行動をしたのか?
考えながら読むと楽しめるかもしれない。
面倒臭い人は、駄目かもしれない(苦笑)

■ここが改善できるともっとよかったかも?

うーん、なんだろうなぁ。
西澤先生の作品は昔の、初期の頃の作品の方が好きだなぁ。
「神麻嗣子」シリーズとか書いてくれんのか。。。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.