書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

SF 書評

【ブックレビュー】夢みる宝石(著:シオドア・スタージョン)

更新日:

【作品情報】
 作品名:夢みる宝石
 著者:シオドア・スタージョン
 ページ数:312
 ジャンル:SF
 出版社:早川書房

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 奇想・幻想度 : ★★★★★★★★★☆
 こういう人におススメ! : とにかく不思議な雰囲気の作品を読んでみたい

 

■作品について

家出した少年・ホーティはとあるカーニヴァルにもぐりこんだ。
そこには普通ではない人たちが集まっていたが、特に団長のモネートルは奇妙な趣味を持っている。
宇宙からきたという水晶の蒐集と研究である。
不思議な水晶にまつわる、幻想的な物語。

■良かった点

スタージョンは本当に不可思議というか、奇才を放つ作家である。
スタージョンが描く物語はミステリーであり、ホラーであり、SFであり、ファンタジーである。
これ、といった定まったモノのない、それでいてスタージョンでしかありえない、という作品ばかり。
それは異色作家短編集を読めばわかると思う。

そんなスタージョンの多くの作品に共通するのは、「幻想的」という単語だと思う。
本作でもそれはいかんなく発揮されている。

少年ホーティが紛れ込んだカーニヴァル。
そこの団長、モネートルの奇妙な趣味。
少年と、そして水晶を巡って繰り広げられる物語は、実に人間的でありながら幻想的で、それを両立させているのがスタージョンという作家。
錯綜する人間関係。
渦巻く感情。
そんな中でモネートルのヒールっぷりは読めばわかる。だが、モネートルがいればこその作品でもある。

はたしてどのような結末を迎えるのだろうか?
そう思わせた中で流れ込んでいくラストはとても美しい。

SFなんだけど、人間を描き。
奇想と幻想を巧みに描く。

そもそも、

「夢みる宝石」

っていうのが素晴らしいですね。
スタージョンは異色作家と言われていますが、本作は読みやすく、手に取りやすい一作。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

いやーなんだろう。
スタージョンの作品はスタージョンの作品、としかいいようがないから、どこをどう変えたらとかはないんです。
あとは、これが合うか合わないか、でしょう。

 

夢みる宝石 (ハヤカワ文庫SF)

中古価格
¥440から
(2019/11/17 10:18時点)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.